【リモート・コロナ】在宅支援を実際にやってみて、伝えたいこと! | 就労移行支援事業所ルーツ 【リモート・コロナ】在宅支援を実際にやってみて、伝えたいこと! – 就労移行支援事業所ルーツ

×閉じる

【リモート・コロナ】在宅支援を実際にやってみて、伝えたいこと!

Pocket

 

 

 

みなさんこんにちは!

就労移行支援事業所ルーツ横浜関内です!

 

コロナの状況でみなさまどうお過ごしでしょうか?

様々なところで被害が出ていますが、今が踏ん張り時だと思いますので、このまま一緒に乗り越えていきましょう。

 

ルーツでもこのコロナの状況を見て、在宅支援がスタートしています。

スタートしてみて感じたことや、良かったところなどをまとめてみようと思いますので、今のこの状況でも就労移行支援って使えるのだろうか?外出自粛だからといって、何もしなくていいのだろうか?など思っている方に少しでも参考になるようなことをかければいいなと思っています。

 

 

実際に在宅支援をやってみて思ったこと

 

 

 

まずは支援側から見て、思ったことを正直に書かせていただきます。

正直、普段事業所でやっているのと内容としては全然変わらないなと思いました(笑)

むしろリモートの環境になったから、実際に通っている時より、なおさらコミュニケーションを取ることを意識していますし、ユーザーさんのみなさんともより一層コミュニケーションが取れています

これに関してはコロナが落ち着いて、実際に通うようになった際にも応用が効きそうです。

 

これはもちろんルーツが在宅支援に向けていち早く動き、可能な限りの準備をしてきたから、こう思えるのです。

世の中の状況がどうなっても、ルーツとしては柔軟に対応ができるように、周りの事業所がまだリモートに向けて動いていない時からリモートに向けて準備をしてきたお陰だと思います。

 

ルーツでの在宅支援は主に、ビデオ通話アプリを、日々の面談、日々の声かけ、講座であったりの際に使用し、お互いの顔が見える状態でのコミュニケーションを心がけています。

また、常時チャットツールでユーザーさんと繋がっている状況なので、わからないところや、何か問題が起こった際にも迅速に対応ができます。

 

なので1人で不安という気持ちや、寂しい、質問ができないといった状況はありません。

コミュニケーション不足が懸念されていたのですが、今の所ユーザーさんからはそういった声も上がっていないので、安心していただければなと思います。

 

 

ユーザーにとって、プラスになる点

 

 

 

次に、リモートでの支援に対して、よかったなと思える点を書いていきます。

 

まずは、生活リズムが整えられるということです。

実際に通所するとなると、体力面や、体調面で不安を覚える方もいらっしゃると思います。

そういった方でも、少しづつ通える日数を増やしていき、徐々に慣れていくというのが、改善策の一つになりますが、リモートですと、行き帰りの時間が短縮されるのと、人混みに行かなくていいというメリットがあります。

ここにストレスを感じることはないはずなので、その分自分に余裕ができ、出席する回数が、実際に通うより増えると思います。

このリモートの状態で、出席する日数を増やすことによって、コロナが落ち着いて、実際に通うことになっても、リモートの時に培った生活リズムができているので、通うことに対してのハードルは以前よりは低くなっているはずです。

 

 

今の時代はリモート勤務というのも当たり前になってきていて、コロナが流行する以前からもリモート勤務という働き方はもちろんありました。

このコロナの騒動を受けて、リモート勤務をしている方はたくさんいます。

こういった一連の動きの中で、「この部分はリモートでも可能だな」とか、「意外とリモートでも回るんじゃないか」となる企業も出てくると思います。

あなたが働いているとして、いざ「じゃあ明日からリモート勤務でお願いします」と急に言われたら困りますよね。

でももしあなたがリモートでの学習の経験や、リモート用のツールを使いこなせるとなるとどうでしょうか?

リモートでの勤務に対してそこまで困惑することはないのではないでしょうか?

 

ルーツでの支援は、様々な企業さんが実際に使用しているツールを使用して、コミュニケーションを図っているので、実際に働く際にもかなり応用がききます。

ほとんどの企業さんが実際に使用しているコミュニケーション手段と、変わらぬことをルーツでは行なっているのです!

 

 

 

 

不安要素について

 

 

 

いいことばかり書いてきたけど、実際のところ不安要素はないのか?と問われると、もちろんあります。

いいところばかりではなく、不安要素も書かないと伝わらないと思うので、書かせていただきます。

 

不安要素に関しては、コロナが収束して、実際に通えるようになった時に、ユーザーの皆さんが通えるのかどうかという点です。

ずっと家にいる状態だったので、いざ通うとなると体力面で問題が出たり、単純に家から出るのが面倒に感じたり、、、

そう感じてしまうのは人間なので仕方のない部分もあるのですが、ルーツとしてもなるべくユーザーさんがだらけないように、日々の進捗を聞いたり、オンライン上であってもなるべく顔を合わせること、面談回数を増やしたりなどの対策を行なっています。

なるべく通うことに対して壁を感じないような工夫を常にしているので、そこも安心していただければなと思います。

 

 

 

 

最後に

 

 

 

よかった点などはまだまだありますが、また次の機会にご紹介できたらなと思います!

 

なるべく正直に書いたつもりだったのですが、いかがだったでしょうか?

コロナだからといって、何も行動しないでじっとしているのは勿体無いなと思います。

むしろこの状況でも動けていたという経験が、のちの自分の人生にプラスの影響を及ぼすはずです。

今だからこそどんな状況でもできることは必ずあります。

ルーツはあなたが進む手助けはできますが、最初の一歩はどんな時でも自分から動かなければなりません。

少しでも迷っている場合はまずはお気軽にご相談してみてください。

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちらから!

 

新宿・四ツ谷の就労移行支援事業所ルーツ

東京都新宿区三栄町29-6 Fビル 5階

最寄り駅︰東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷三丁目駅/都営新宿線 曙橋駅

ルーツの公式LINEからもお問い合わせできます!

 

 

横浜・関内の就労移行支援事業所ルーツ

神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-3 CIMA関内ビル8階

最寄り駅:JR・横浜市営地下鉄 「関内駅」南口から  徒歩3分/横浜市営地下鉄ブルーライン 「伊勢佐木長者町駅」 A3出口から 徒歩4分