オンラインでの就職活動、面接のポイント | 就労移行支援事業所ルーツ オンラインでの就職活動、面接のポイント – 就労移行支援事業所ルーツ

×閉じる

オンラインでの就職活動、面接のポイント

Pocket

こんにちは!

就労移行支援事業所ルーツです。

 

新型コロナの影響で、就職活動も動きにくくなってきている中、オンラインでの採用活動が急速に普及してきています。

ルーツではオンラインでの障害者雇用就職面談会に参加したりもしています。

 

今回はオンラインでの就職活動をどう進めているのかについて、ご紹介できればと思います。

また、オンラインでも面接練習を行ってみての、ポイントを1つお伝えできればと思います。

 

目次

・オンラインでの就職活動について

・オンライン面接で注意したいポイント

・最後に

 

オンラインでの就職活動について

冒頭でもお伝えしましたように、新型コロナウイルス 感染拡大に伴い、オンラインでの採用活動が普及されています。

現在は人材紹介エージェントからので紹介求人だけでなく、ハローワークの紹介求人でもオンラインでの選考が行われています。

 

ルーツでも先日、障害者雇用のオンライン就職面談会に参加してきたばかりです。

面談会後は希望の企業にエントリーし、オンラインでの面接練習も行っています。

 

一番の懸念点は、外出自粛が要請されている中、面接練習や書類添削を行ってくれる支援機関に足を運ぶのは難しい方が1人で就職活動を進めなければいけない状況に陥ってしまう場合です。

 

ルーツでは在宅でも就職活動の支援を行っておりますので、ご相談ください。

また、オンライン就活窓口「rootship」を開設いたしましたので、こちらからも気軽にご相談いただけますと幸いです。

 

 

オンライン面接で注意したいポイント

今、急速に広がっているオンライン面接ですが、オンライン面接で注意したい点があります。

 

それは普段よりも表情と声のトーンを意識することです。

 

オンライン上では、対面での面談と比べてお互いの雰囲気がうまく伝わらないことが多々あります。

 

オンライン面接の場合でも、面接担当者があなたがどんな人物なのか知ろうとする立場であることは変わりません。

ただ、オンラインという状況で相手に自分の人柄が伝わりにくいことに注意していないと、自分の伝えたいことが面接担当者に伝わりきらない可能性があります。

 

そのため、相手に自分の温度感、人柄を伝えるためには普段の面接よりも自分の表情や声の抑揚をうまく使う必要があります。

 

普段なかなか意識していないことだと思いますので、まずは相手の表情に合わせることから意識すると良いです。

 

まとめ

恐らく、ほとんどの方が初めてのオンライン就活を強いられる状況が続くかと思います。

 

先が見えない中、不安を抱えることも多いとお思いますが、1人でも孤立することのないよう、これからもルーツとして、できることを全力で取り組んでいきたいと考えております。

 

ルーツでは完全にオンラインでの在宅支援に切り替えていますが、毎日オンラインでの面談を行っております。

また、パソコンをお持ちでない方には台数制限はございますが、貸し出しも行っております。

 

お困りのことやお悩みなど、ございましたらお気軽にご連絡ください。

 

就職活動にかかわらず、体調面でもお気軽にご相談くださいね。

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!