言いたいことがあるのに我慢しちゃうあなたに【うつ病・ストレス】 | 就労移行支援事業所ルーツ 言いたいことがあるのに我慢しちゃうあなたに【うつ病・ストレス】 – 就労移行支援事業所ルーツ

×閉じる

言いたいことがあるのに我慢しちゃうあなたに【うつ病・ストレス】

Pocket

 

 

 

 

 

 

みなさんこんにちは!

 

 

言いたいことがどうしても言えない。

そんな時みなさんはあるでしょうか?

私はたまにあります。

 

 

 

これを言ったら相手はどう思うんだろうとか、これを言うと嫌われるんじゃないか。

など考えてしまうともう言えなくなりますよね。

 

 

 

それを溜め込むことにより、ストレスも溜まったり、うつ病などの原因にもなりかねないので悪循環になってしまいます。

 

 

 

さらに、人間関係の悪化を招く恐れがあります。

 

 

相手の嫌いな部分や苦手な部分、間違っている部分があったとします。

そこで自分が言いたいことを相手に言えばもしかしたら、相手も納得して改善されるかもしれないですし、そこが改善されることによって気持ちのいい人間関係が築けるかもしれません。

 

逆に我慢してしまうと、どんどんストレスが溜まり、相手のことが嫌いになってしまいます。

そこから人間関係の悪化に繋がってくるのです。

 

 

 

 

 

なぜそのような状態になるのか

 

 

 

 

 

ではどうしたら言いたいことが言えるようになり、ストレスを溜め込むことが無くなるのか、それを考えていきますが、その前になぜそのような状態になってしまうのかを考えていきましょう。

 

 

 

 

否定されるのが恐い

 

 

 

これは想像がつきやすいと思います。

 

 

そもそも発言すること自体がハードルが高い方ですと、発言をするだけでもものすごい勇気のいる行動なのです。

そこまで頑張ってようやく発言をしたのに、バッサリと否定されたんじゃたまったもんじゃないですよね。

そういう経験の積み重ねで、徐々に発言する気力が失われていきます。

 

 

 

 

嫌われてしまうんじゃないか

 

 

 

 

例えば、〜を言ったら相手に嫌な思いをさせて嫌われてしまうんじゃないかと思い込んでしまうパターンです。

もちろんそういう考え方は大事で、実際に嫌われてしまう可能性はあります。

相手の気持ちなんてなかなかわからないですからね。

 

 

 

そういう時は自分がそのことを言われたらどう思うだろう、と考えてみましょう。

自分の気持ち=相手の気持ちではないので恐らく多少の違いはありますが、根本的な部分は一緒のはずです。

なのでまずは相手の立場に立って考えてみるといいかもしれないですね。

 

 

 

 

改善策

 

 

 

 

 

それではどうしたら言いたいことを言えるようになるのか考えていきます。

 

 

 

 

小さな成功を積み重ねる

 

 

いきなり、相手の嫌いな部分を指摘する、上司に意見するなどはハードルがかなり高いので、小さなことから始めましょう。

 

 

例えば今日は会社の同僚にお願い事を頼めた、机から落としたものを拾ってもらえないか聞くことができた。

 

 

など本当に小さなことでもなんでもいいです。

 

 

それを自分で思い返して、成功したと思い込みましょう。

そうすることによって、自分に自信がつきます。

 

 

 

だんだん慣れてきたら、今日はこれぐらい言えたんだから次はもうちょっと言いづらいことに挑戦してみようと思えるようになります。

気付いたらそんな意識せずとも言いたいことが言えるようになってくるはずです。

 

 

 

 

相手のことを想って言う

 

 

 

相手のマイナスな部分を指摘するのは本当に勇気が必要ですよね。

それを言うことによって相手は傷つく可能性が高いですし、喧嘩になってしまうかもしれません。

 

 

 

でも相手を本当に想ってのことだったらどうでしょうか。

 

 

 

最初に前置きをして、『〜さんのことを嫌いとかでは全くないし〜さんのことを想って言うけど、〜の部分は直した方がもっと良くなると思うんだけどどうだろう』

 

 

と言う風に伝えてあげると言われた方はそこまで嫌悪感を抱いたりしないのではないでしょうか。

自分はこんなことはあまり言いたくないけど、相手のことをすごく考えた上で言っているというのが、相手に伝わるように言ってあげるといいと思います。

 

 

 

 

 

意見の食い違いは当たり前だと思うこと

 

 

 

自分と相手は別々の人間で、考え方や性格も違うわけですから、意見が食い違うのは当たり前のことです。

もちろん全部の意見が食い違うというわけではないですが、人と本音で話をしたら意見の食い違いも出てくるでしょう。

 

 

でもそれでいいんです。

 

 

意見の食い違いでぶつかって離れてしまったら、その人との関係はそれまでだったんだなと割り切ってしまうのも一つの手だと思います。

人と違って当たり前なんですから、まずはそこの意識の改善から行なっていきましょう。

ぶつかった方がよりいい関係を築けるはずですし、相手に指摘された部分を改善するなどで自分の成長にも繋がってくるはずです。

 

 

 

 

最後に

 

 

 

 

言いたいことを言っていると、確かに心のダメージを多少は負うことはあるかもしれません。

 

 

ただそのダメージなんかより遥かにプラスのものが得られるはずです。

 

 

何でもかんでも言いたいことを言えと言っているわけではないのですが、言った方が意外とうまくいく場面が多いです。

 

 

 

最初の一歩を踏み出すのが一番難しいかもしれませんが、ルーツではその一歩を踏み出せるようなサポートをしています。

 

 

 

その方一人一人に合ったサポートをしていますので、もし気になりましたらお気軽にお問い合わせしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

就労移行支援事業所ルーツ

 

就労移行支援事業所ルーツにはFacebookページがあります。
イベントや情報、普段の様子などを公開していますので、
もしあなたがオフィスに来ようと思ってくださったのなら、
まずご覧になって雰囲気、詳細を知ってみてくださいね。

ぜひ、いいね!も宜しくお願いします。

>>>Facebookページはこちら<<<

 

お問い合わせはこちらから!

 

新宿・四ツ谷の就労移行支援事業所ルーツ

東京都新宿区三栄町29-6 Fビル 5階

最寄り駅︰東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷三丁目駅/都営新宿線 曙橋駅

ルーツの公式LINEからもお問い合わせできます!

友だち追加

 

横浜・関内の就労移行支援事業所ルーツ

神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-3 CIMA関内ビル8階

最寄り駅:JR・横浜市営地下鉄 「関内駅」南口から  徒歩3分/横浜市営地下鉄ブルーライン 「伊勢佐木長者町駅」 A3出口から 徒歩4分

友だち追加