就労移行支援と就労継続支援の違いとは?対象や給与、利用期間を比較|ルーツ川崎 | 就労移行支援事業所ルーツ 就労移行支援と就労継続支援の違いとは?対象や給与、利用期間を比較|ルーツ川崎 – 就労移行支援事業所ルーツ

×閉じる

就労移行支援と就労継続支援の違いとは?対象や給与、利用期間を比較|ルーツ川崎

Pocket

こんにちは!ルーツ川崎です。

 

障害や病気により一般企業への就職が難しい方が、働くことを目指し利用できる主なサービスに、就労移行支援と就労継続支援があります。

 

今回は就労移行支援員が「就労移行支援」と「就労継続支援A型(雇用型)」「就労継続支援B型(非雇用型)」それぞれの違いを対象や給与、利用期間から説明します!

 

 

目次

・就労移行支援と就労継続支援の違い

1、内容

2、対象者

3、給与の有無

4、利用期間

・就労継続支援の特徴

1、就労継続支援A型(雇用型)

2、就労継続支援B型(非雇用型)

・就労移行支援の特徴

・各サービスの併用は可能?

・最後に

 

 

就労移行支援と就労継続支援の違い

 

 

1、内容

 

「就労移行支援」の目的は、就職するために必要なスキルを身に着けることです。

そのためにスタッフとカウンセリングをして自分に合う職業を見つけたり、ビジネスマナーやスキルを身に着けます。

 

「就労継続支援A型(雇用型)」では一般企業などに就職が困難な方が、働きながら訓練も受け就職のための知識・能力を身につけていきます。

 

「就労継続支援B型(非雇用型)」では生産活動を行い、できたものに対して賃金が支払われます。

 

 

2、対象者

 

「就労移行支援」は一般企業などへの就職意思のある方が対象です。

 

一方「就労継続支援」は一般企業などに就職が困難な障害を持つ方や難病を抱える方を対象としています。

 

また、「就労移行支援」と「就労継続支援A型(雇用型)」は、18歳以上65歳未満の年齢制限がありますが、「就労継続支援B型(非雇用型)」には年齢制限がありません。

 

 

3、給与の有無

 

「就労移行支援」は基本的に給与は発生しません。

 

「就労継続支援A型(雇用型)」では給与があるほか各種保険の適用がありますが、「就労継続支援B型(非雇用型)」では工賃(生産活動に対する賃金)が低く各種保険の適用はされません。

 

 

4、利用期間

 

「就労移行支援」は、原則2年の利用期間制限があり、必要に応じて最大12ヶ月の更新が可能です。

 

一方「就労継続支援」は利用期間に制限はありません。

 

 

就労継続支援の特徴

 

 

1、就労継続支援A型(雇用型)

 

一般企業への就職が困難な18歳以上65歳未満の方が対象です。盲・聾養護学校卒業者や一般企業を障害や難病を理由に離職した方が多く利用しています。

 

雇用契約を結ぶため、給与があるほか各種保険の適用があるのが特徴

 

働きながら同時に訓練を受け、就職のための知識・能力を身につけていきます。ここからさらに就労移行訓練を経て、一般企業への就職ができるように支援をおこないます。

 

 

2、就労継続支援B型(非雇用型)

 

一般企業への就職が困難な方が対象。下記のいずれかに該当すれば年齢制限はありません。

 

① 就労経験がある者で、年齢や体力の面で一般企業に雇用されることが困難となった者

 

② 50歳に達している者または障害基礎年金一級受給者

 

③ ①及び②に該当しない者で、就労移行支援事業者等によるアセスメントにより、就労面に関わる課題等の把握が行われている者

(参照元|厚生労働省

 

雇用契約は結ばないため、自分の体力などをみて短時間労働など自由な働き方ができるのが特徴

 

生産活動をおこなってもらい、できたものに対して賃金が支払われる仕組みですが、工賃は低く、各種保険の適用はされません。

 

訓練を重ね、就労継続支援A型(雇用型)や就労移行支援への移行が可能です。

 

 

就労移行支援の特徴

 

 

一般企業への就職することが可能かつ意志をお持ちの18歳〜65歳未満の方が対象。

 

サービスの利用料金は前年度の世帯収入によりますが、無料であることが多いです。

 

利用期間は原則2年ですが、必要性があれば最大12ヶ月の更新が可能

 

就労移行支援では、就職するために必要なスキルを身に着けるために、スタッフとのカウンセリングのほか面接練習やビジネススキルの習得を行います。

 

 

各サービスの併用は可能?

 

(参照元|LITALICO仕事ナビ

 

「就労継続支援」を利用後、「就労移行支援」を利用することは可能です。

 

ですが、「就労移行支援」の利用で就職が実現したあと、「就労継続支援A型(雇用型)」を利用することは不可能です。

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

「就労移行支援」と「就労継続支援」は言葉が似ていますが、目的も対象者も異なります。

 

ご自身が望む働き方や体調に合ったサービスを選んでくださいね。

 

就労移行支援事業所ルーツでは、自分の状態を把握し生活リズムを整えるサポートをしています。

なにか疑問や相談してみたいことがありましたら、まずはお問い合わせしてみてください。