就職にスキルは必要ない? 求められる有利なスキルとは |就労移行支援事業所ルーツ関内 | 就労移行支援事業所ルーツ 就職にスキルは必要ない? 求められる有利なスキルとは |就労移行支援事業所ルーツ関内 – 就労移行支援事業所ルーツ

×閉じる

就職にスキルは必要ない? 求められる有利なスキルとは |就労移行支援事業所ルーツ関内

Pocket

こんにちは!就労移行支援事業所ルーツ関内です。

 

就職するにあたって、何もスキルがなければ就職することは難しいですよね。

就職するにはどのようなスキルを身につければ良いのでしょうか?

 

よくスキルというと資格や技術的な能力のことを想像される方が多いと思います。

確かに資格や技能も必要な場合もありますが、今回は一般に求められるスキルについて紹介していきたいと思います。

 

目次

企業に必要とされる能力

就職に必要な基礎スキル

ビジネススキルとは?

まとめ

 

 

企業に必要とされる能力

 

 

そもそも企業は自社のミッション、事業内容を達成するために必要な能力を持った人材を雇用します。

 

つまり、企業によって募集人材に求める能力は異なり、就職する際はその企業の求めている能力、人物像に当てはまるかどうかを考えていく必要があります。

 

また、企業が評価するポイントとして 以下の3点があります。

 

①自社の環境(企業文化など)に染まりやすいか

これは染まるというと語弊があるかもしれませんが、個性を無くしてという意味ではなく、企業の文化が浸透しやすい人の方が、その企業に馴染みやすくなりますし、その環境を活かして活躍できる可能性が高まるからということです。素直に意見などを聞き入れる、発言できることや明るさ、受容する力があるかなどをみている企業が多いです。

 

②フレッシュさ

フレッシュというと漠然としたイメージになりますが、そこで働く人の風通しを良くするような対人関係が築ける人のことになります。笑顔が良いでも十分魅力がありますし、新卒ならではの発想力やポジティブに考える力も新鮮さを与えてくれます。

 

③地頭のよさ

整理して考える思考力や新しいものを生み出す創造力、それを周りに広めていく積極性などが挙げられます。

 

業界や業務内容の知識、技能については細かいことは企業で研修などを行っていることが多く、もちろん多少の知識は必要ですが、入社前から資格などを求められたり、卓越した技能が求められることは少ないと言えます。(転職においてはこの限りではありません)

 

 

就職に必要な基礎スキル

 

 

就職するにあたっては下記の5つの要素を持っていることが重要です。

 

①問題解決力(何が問題なのか本質を見極め、どうしたら解決できるか仮説を立てられる力)

 

②論理的思考力(問題の内容を整理して体系化したり、原因と結果の辻褄を合わせる力)

 

③主体的行動力(自分から行動したり、働きかけたりする力)

 

④リーダーシップ(目標や優先順位を定め、責任を持ってやり遂げる力)

 

⑤ストレスコントロール(適切にストレスを解消したり、モチベーションをコントロールできる力)

 

もちろん全てにおいて卓越しているに越したことはありませんが、どれかの力が足りないからと言って絶対に就職できないということはありません。これらは後天的に伸ばしていくことも可能であり、今の自分にはどの力がついていて、どの力が弱いかを知っていることが大切です。

またこれらの力を説明するために、過去の経験において集団の中で何のために何を考えどう行動したか、行動した結果どうだったかを知る必要があります。よく言われている「自己分析」はこれを知るために行います。

 

 

ビジネススキルとは?

 

 

実際仕事をするにあたってはどのようなスキルが必要になるのでしょうか?

仕事において必要な能力をビジネススキルといい、人材とビジネススキルの関係性をまとめたカッツ理論というものがあります。

主にマネージャーに求められるスキルですが、入社後のキャリアに備え知っておくと良いでしょう。

 

①テクニカル・スキル

職場の業務を遂行するためのスキルです。

例:顧客対応やPC動作、営業力など業務を行う上で具体的に必要となるスキル

 

②ヒューマン・スキル

対人関係能力とも言われ、上司や同僚などと円滑なコミュニケーションを取る力や良好な関係を築ける力です。

例:報連相や情報提供、交渉などのスキル

 

③コンセプチュアル・スキル

概念化能力とも言われますが、必要となる知識・技術を体系化していくスキルのことです。

 

マネージャーの職位が上がってくると、テクニカル・スキルの重要度は下がり、ヒューマン・スキルとコンセプチュアル・スキルの重要度が高まっていくと考えられています。

 

 

まとめ

 

 

まずは企業で求められている能力を把握することと、上記で紹介した基礎スキルの5つを高めていくことが重要です。

問題解決力や論理的思考については適性検査や面接を通じて直接測ることが多いので、そのための対策も必要となることもああります。

自分に合った企業に就職し、長く働き続けていくためにもこれらのスキルを習得してみてはいかがでしょうか?

 

 

就労移行支援事業所ルーツでは皆様の就職に向けたサポートを行っています。ITスキルを身につけ、就職について一緒に考えていくことができるため、安心して就職活動や就業に向けて動くことが可能です。

見学・体験はいつでも受け付けております。お問い合わせお待ちしています!

 

 

 

ルーツの公式LINEからもお問い合わせできます!

 

就労移行支援事業所ルーツ 新宿四谷

東京都新宿区三栄町11-22 Fビル 5階

最寄り駅︰都営新宿線 曙橋駅 徒歩5分/東京メトロ丸ノ内線  四ツ谷三丁目駅  徒歩8分

 

 

就労移行支援事業所ルーツ 横浜関内

神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-3 CIMA関内ビル8階

最寄り駅:JR・横浜市営地下鉄 「関内駅」南口から 徒歩3分/横浜市営地下鉄ブルーライン 「伊勢佐木長者町駅」 A3出口から 徒歩4分