障害者雇用で求められるExcelスキルってどれくらい?Excelを学ぶならルーツ川崎 - 就労移行ITスクール就労移行ITスクール 障害者雇用で求められるExcelスキルってどれくらい?Excelを学ぶならルーツ川崎 - 就労移行ITスクール

×閉じる

障害者雇用で求められるExcelスキルってどれくらい?Excelを学ぶならルーツ川崎

Pocket

 

 

 

こんにちは、ルーツ川崎です!

 

再就職を目指している障害者の方の中には事務職やエンジニア、Webデザイナーなどを目指している方、幅広い職を検討されているかと思います。

 

それらの職の共通として持っておいた方が良いスキルとして、”Excelができる”というのがあります。

 

では、”Excelができる”というのは一体、どのくらいのスキルを持っていれば言えるのでしょうか?

 

今回は障害者雇用を目指している方に向けた持っておいた方がいいExcelスキルと、そのスキルの磨き方についてご紹介します。

 

 

目次

○障害者雇用で働くならExcelを学ぼう

○障害者雇用の事務職で求められるExcelスキル

Excelスキルをアップさせるには?

Excelを学ぶならルーツ川崎

○ルーツ川崎説明会・相談会の紹介

 

 

障害者雇用で働くならExcelを学ぼう

 

 

 

エクセル(Excel)は、マイクロソフト社が開発した表計算ソフトです。

 

ワード(Word)と併せて、現在でもオフィスワークなどで活用されています。

 

実際に障害者雇用の業務にも、エクセルは活用されています。

 

もちろん、未経験の方や苦手な方には「いきなり難しい計算式を使ったファイルを作る」などの業務を依頼することはほぼありませんが、事前に用意されたエクセルファイルに計算式が入っていることがあります。

 

そんな時、ファイルの調子が悪かった場合にも対応できるよう、自分で作らない場合でも知識として学んでおくことをおすすめします。

 

また、事務職の場合だと、「Excel・Wordの基本操作ができること」という条件があったりなど、特にExcelの操作に対しての必要スキルを求めてくる場合が多いと言っても過言ではありません。

 

では、実際の企業はどれくらいのExcelスキルを求めているのでしょうか?

 

業種や会社にもよりますが「このくらいあれば大丈夫」というラインがあるので、そちらをご紹介します!

 

 

 

障害者雇用の事務職で求められるExcelスキル

 

 

 

Excelで求められるスキルを見ていきましょう。

 

作業内容を初級・中級・上級の3つに分けていますが、障害者雇用の事務職であれば中級レベルが一つの基準になります。

 

 

 

初級

 

Excelの基本的な操作」としては、最低限、以下のような作業が求められます。

 

・簡単な表の作成
・指定されたフォーマットへの入力
・四則演算(+、-、*、/)
・書式の設定
・SUMやAVERAGEといった初歩の関数
・ファイルの印刷
・ファイルの共有
・コメントの挿入

 

Excelの入門的な操作ですので、「未経験OK」という仕事でも、これらはできるようになっておきましょう。

 

 

 

中級

 

だいたいの職場で事務職として通用するのが中級レベル。具体的な作業内容は以下の通りです。

 

・オートフィルの使用
・データの並び替えや抽出
・テーブル機能の使用
・目的に合ったグラフの作成
・図形やテキストボックスの挿入
・IFやVLOOKUPといった関数

 

 

 

上級

 

一般的な事務仕事で要求される場面は少数ですが、上級スキルを身に付けているとExcelのエキスパートとして重宝されます。

 

・関数の組み合わせ
・ピボットテーブルによる分析
・アドオンの活用
・マクロを使った自動化
VBA

 

 

 

Excelスキルをアップさせるには?

 

 

 

先ほど、障害者雇用の事務職で求められるExcelスキルをご紹介しましたが、では実際にどのようにExcelスキルを身につけていけば良いのでしょうか?

 

その一つにMOS資格(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト資格)の取得があります。

 

MOS資格は、いわゆる「オフィスソフトの使いこなし方」を問われる試験になります。

 

会社などで主に使われる「ワード」「エクセル」といったソフトがどの程度使えるのかの証明といったところでしょうか。

 

今やワードやエクセルなどは使えて当たり前の時代になりましたが、どの程度使えるのか?というのは人によって異なります。

 

その証明が手っ取り早く出来るのがMOS資格になり、障害者雇用を取り入れている企業の人事の方へのアピールとしても使えますし、自分自身のスキルアップとしても使えます。

 

また、履歴書に書けるというのも資格取得のメリットの一つです。資格取得のために繰り返して操作練習をすることが、結果的にエクセルの実務練習になるのです。

 

 

 

Excelを学ぶならルーツ川崎

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は障害者雇用を目指す方に向けた、Excelスキルの重要性についてご紹介させていただきました。

 

就労移行支援事業所ルーツでは事務職を目指す障害者に向けた事務系カリキュラムがあり、その中にMOS資格取得に向けた訓練を提供させていただいております。

 

毎月何十名もの方がMOS資格を取得し、見事、障害者雇用枠の事務職として新たなキャリアを進まれる方々も多く輩出した実績がルーツにはあります。

 

Excelスキルを身につけたい障がいをお持ちの方はもちろんのこと、ルーツの事務系カリキュラムに興味がある方など、お気軽にルーツ川崎にお問合せください。

 

 

 

ルーツ川崎説明会・相談会の紹介

 

 

 

ルーツ川崎説明会・個別相談会詳細

日程:毎週金曜日15時30分〜16時30分

 

会場:

・会場名:就労移行支援事業所ルーツ川崎

・住所:神奈川県川崎市川崎区東田町11−26 HSビル東田 6F

またコロナウイルス感染拡大に伴い、事業所での実施とオンライン(zoom)での同時開催を予定しております。

 

対象:障害、難病をお持ちの方で就職を目指されている方。もしくはその家族や相談機関

 

内容:

・就労移行支援の利用から就職までの流れ
・訓練カリキュラム紹介
・1日の流れ
・サポート体制
・実績紹介
・事業所の見学
・個別相談

所要時間は1時間ほどとなります。

 

申し込み方法:参加される方は以下の申し込みフォームに必要情報をご記入ください↓

お申し込みフォームはこちらから!

 

興味のある方は是非お申し込みください♪

 

 

 

 

*右下のチャットから質問することもできます。