デザインはセンスじゃない!?ルーツ横浜関内のWebデザイン講座をチラ見せ! | 就労移行支援事業所ルーツ デザインはセンスじゃない!?ルーツ横浜関内のWebデザイン講座をチラ見せ! – 就労移行支援事業所ルーツ

×閉じる

デザインはセンスじゃない!?ルーツ横浜関内のWebデザイン講座をチラ見せ!

Pocket

 

こんにちは!ルーツ横浜関内です。

今回は、ルーツ横浜関内で週に1回行われている「デザイン講座」についてご紹介します!

実際に開講している講座名は「UI/UXデザイン講座」になりますが、まずはデザインとは何か説明させてください!

 

目次

1.はじめに、アートとデザインの違いは知っていますか?

2.ルーツ横浜関内で受けられるデザイン講座はこれ!

3.UI/UXデザイナーに必要なスキルは?

4.ルーツ横浜関内のWebデザイン講座をチラ見せ!

5.ルーツ横浜関内でデザイン講座を学ぶ意義

 

1.はじめに、アートとデザインの違いは知っていますか?

 

アーティストの求人は見かけませんよね?でもデザイナーの求人は見かける。。
その理由は、両者が全くの別物だからです!

デザインはセンスが必要と思われがちですが、実際にはそんなことはありません。
私自身、学校の美術はとても苦手でデザインに対して苦手意識はありましたが、いざやってみると想定していたのとはだいぶ違いました。

ルーツ横浜関内の利用者さんも、「苦手意識があったけど実際にやってみたらハマった!」という声は複数いただいています。

 

2.ルーツ横浜関内で受けられるデザイン講座はこれ!

少し調べただけで、こんなにも出てきました。

この記事では分かりやすく説明するため、IT業界の求人に多い職種を2つに絞って紹介します!

 

 

IT業界の求人で多いのは、「グラフィックデザイナー」と「UI/UXデザイナー」です。

デザインと聞いたときに、「グラフィックデザイン」を想像される方が多いかと思います。

グラフィックデザインとは、文字や配色をととのえ、パッと見でも相手に伝えたいメッセージを届けるためのデザインです。

一般的にチラシやポスターを制作している人がグラフィックデザイナーです。

ではUI/UXデザイナーとはなんなのでしょうか。

簡単に説明すると、Webサービス(アプリ)の画面の見やすさ、アプリの使いやすさなどを考慮して、画面を1枚ずつデザインする職業です。

アプリを触ってくれた人に心地の良い”体験”を届ける職業と言ってもよいかと思います。

ルーツ横浜関内で提供している講座は、UI/UX講座になります!

 

3.UI/UXデザイナーに必要なスキルは?

 

UI/UXデザイナーに必要なスキルは色々ありますが、まずはデザインツールを使用できるスキルではないでしょうか。

使用するツールは2種類あります。
「Figma(フィグマ)」もしくは「Adobe XD(アドビ エックスディー)」です。

どちらもほとんど同じツールなのですが、私は「Figma」を使っています。
理由は無料で始められるという点と、共同編集機能があり実際に使用されている職場をよく見かけるためです。

 

こちらが「Figma」の作業画面になります。

とてもシンプルな見た目で、初心者でも使いこなしやすくなっています。

上記の画像中央部にある「バナー」は、実際にルーツ横浜関内の講座で利用者さんと一緒に作成したものですが、みなさん約2時間ほどで作成していました。

 

 

 

4.ルーツ横浜関内のWebデザイン講座をチラ見せ!

こちらは先月、利用者さんと一緒に作り上げた作品です。

PC表示のデザインとスマホ表示のホームページデザインを両方作ってみました。

「ご予約はこちら」というボタンにマウスのカーソルを合わせると、色が変わるようなアニメーションもみなさんできていました。

実際に何か作り上げる体験をすると、よりハマってきたようで「次のFigma講座はいつですか?」という声をいただけるようになりました。嬉しかったです。

 

.ルーツ横浜関内でデザイン講座を学ぶ意義

ルーツ横浜関内のデザイン講座は、利用者さん同士が教えあい助け合う文化が少しずつ出来てきました。

コミュニケーションに苦手意識をもっていた利用者さんも、デザイン講座を通して他の人に質問が出来るようになっています。

デザインを学べるという環境も少ないですが、それ以上に他者と働く疑似体験ができる就労移行の環境も数は多くないと考えています。

ルーツ横浜関内、ここでしか出来ない体験をぜひしてみてはいかがでしょうか?
いつかお会いできる日を楽しみに待っております!