今日も何もできなかったと嘆く前に【タスク管理・やる気】 | 就労移行支援事業所ルーツ 今日も何もできなかったと嘆く前に【タスク管理・やる気】 – 就労移行支援事業所ルーツ

×閉じる

今日も何もできなかったと嘆く前に【タスク管理・やる気】

Pocket

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんこんにちは!

 

 

 

やりたいこと、やらなければならないことがたくさんあるのに、全然手につかない時ってありませんか?

 

 

いっそのこと全部投げ出してしまえ!と思って本当に投げ出すとあとでものすごく後悔したりとかありますよね。

 

 

 

後悔しないためにもその日にやるべきこと、やりたいことは完了しておきたいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

起きてもやる気にならない場合

 

 

 

 

 

 

 

まず第一歩として、やる気になるためにはどういったことをすれば良いのかを考えていきます。

 

 

 

 

 

脳の物質で『ドーパミン』と呼ばれる物質があります。

この物質はやる気に繋がっていくのですが、ドーパミンを出すための効率の良い方法は、ものすごく些細なことでもいいので、ちょっとだけワンランク上の行動をすることです。

いくつか例をあげてみます。

 

 

 

朝起きたら少しだけ体操をやる

 

 

洗い物を少しだけやる

 

 

本を1ページだけ読んでみる

 

 

ゴミを捨ててみる

 

 

 

などなど起きた時に少しだけ体を動かすことを意識してみるだけでだいぶやる気に差が出てくるはずです。

 

 

 

 

その次のステップとして、起きたらすぐに着替えるというのも一つの効果的な方法になります。

 

 

 

部屋着から着替えることで、ダラダラした気持ちから仕事・やる気状態へ気軽に移行できます。

いつまでも部屋着のままだとダラダラするぞっていう気持ちが無くなりませんもんね。

 

 

 

まずはこの程度の簡単なことから始めてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

実行の準備

 

 

 

 

 

 

 

 

次にそれらのタスクを逃さずにやりきる方法をご紹介します。

 

 

 

 

 

書き出す

 

 

 

まずは自分の中でやりたいこと、やらなければならないことを一気に書き出してみてください。

メモなどの紙に書き出してもいいですし、PCに入力しても構いません。

リストを作成し、視覚で捉えることによって、タスクが明確になります。

とりあえずこれらをやればスッキリすると明確にわかるので、安心感も得られますよね。

 

 

 

 

 

優先度を確認する

 

 

 

 

 

書き出してみたらそれぞれの優先度を確認してみましょう。

 

 

優先度はご自身で見てもらえばわかるはずです。

それが確認できたら優先度が高い順に並べていきましょう。

ここまでやればほとんど完成に近いです。

 

 

 

 

期限を決める

 

 

 

 

優先度の確認が終わった後はそれぞれいつまでにやらなければいけない、いつまでにやろうと期限を決めます。

そうすることによって、自分を追い込むまではいかなくとも、自分への意識づけはできるはずなので、実行せざるを得なくなります。

この期限は自分に取って不可能に近い期限を設けるのではなく、実行可能かつ頑張って達成できる程度が理想でしょう。

 

 

それらが全て終わった後にカレンダーに記入してしまいます。

カレンダーは目に入るところ、もしくはスマホで確認できるものでもいいでしょう。

カレンダーを見る癖もつけたほうがより効率はアップします。

毎朝この時間帯にカレンダーを確認するということをルーティーン化してしまえれば言うことなしですね。

 

 

 

これらの洗い出しが終わって初めて実行していきます。

 

 

ここまでくればこの項目はこれぐらいで終わって、次にこれができて〜という風になれているはずです。

 

 

このタスクの管理の方法は基本ですがあらゆる場面で役に立ちます。

仕事はもちろんのこと、日常生活でも役に立つこと間違いなしでしょう。

 

 

管理することによって、〜をやるのを忘れた、〜は今度適当にやろうといったようなことを防ぐことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

 

 

 

 

 

 

 

 

やらなければいけないこと、やりたいことは常に増えていくと思います。

 

 

その度にそれぞれ優先度を考え、期限を決めるということをやっていれば、今日は何もできなかったという事態は起こらないでしょう。

 

 

これらをきちんと習慣化することが大事です。

習慣化することは難しいかもしれませんが、要は毎日繰り返しやるだけなので、やることでしか慣れないんです。

 

就労移行支援の場合でも、通うことに慣れる、学習することに慣れる、他の人に慣れる、全て同じことだと思います。

 

 

ルーツではそういった環境を提供できます。

管理の仕方がわからない方もいらっしゃるので、あらゆる管理の方法を教えています。

少しでも気になった方がいらっしゃいましたらお気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

就労移行支援事業所ルーツ

 

就労移行支援事業所ルーツにはFacebookページがあります。
イベントや情報、普段の様子などを公開していますので、
もしあなたがオフィスに来ようと思ってくださったのなら、
まずご覧になって雰囲気、詳細を知ってみてくださいね。

ぜひ、いいね!も宜しくお願いします。

>>>Facebookページはこちら<<<

 

お問い合わせはこちらから!

 

新宿・四ツ谷の就労移行支援事業所ルーツ

東京都新宿区三栄町29-6 Fビル 5階

最寄り駅︰東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷三丁目駅/都営新宿線 曙橋駅

ルーツの公式LINEからもお問い合わせできます!

友だち追加

 

横浜・関内の就労移行支援事業所ルーツ

神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-3 CIMA関内ビル8階

最寄り駅:JR・横浜市営地下鉄 「関内駅」南口から  徒歩3分/横浜市営地下鉄ブルーライン 「伊勢佐木長者町駅」 A3出口から 徒歩4分

友だち追加