Premire Proを学ぶなら就労移行ITスクール川崎!音入れ、書き出しをしてみよう! - 就労移行ITスクール就労移行ITスクール Premire Proを学ぶなら就労移行ITスクール川崎!音入れ、書き出しをしてみよう! - 就労移行ITスクール

×閉じる

Premire Proを学ぶなら就労移行ITスクール川崎!音入れ、書き出しをしてみよう!

Pocket

 

 

 

こんにちは!就労移行ITスクール川崎です。

 

今回は就労移行ITスクール川崎のスタッフが、はじめてPremiere Proを使う人向けに基本的な使い方を解説します!

 

就労移行ITスクール川崎では動画編集講座も実施しております!気になる方はぜひ就労移行ITスクール川崎にお問合せくださいね。

 

目次

○Premiere ProでBGM音楽や効果音をつける

○Premiere Proで動画を書き出してみよう

○Premiere Proを学ぶなら就労移行ITスクール川崎

 

 

Premiere ProBGM音楽や効果音をつける

 

 

 

 

プロジェクトに音楽・効果音を読み込む

 

まず、使用したい音楽や効果音素材をPremiere Proのプロジェクトに読み込みます。

 

使用したい素材を全てプロジェクトパネルにドラッグ&ドロップします。

 

 

 

BGM音楽・効果音をタイムラインに挿入する

 

素材を読み込めたら、タイムライン上に追加していきます。

 

まず、動画をプレビュー再生しながら素材を追加したい位置を確認します。

 

位置が決まったら、再生バーを移動させます。

 

先ほど読み込んだ素材をその再生バーに向かってドラッグ&ドロップします。

 

 

 

 

 

オーディオミキサーで音量を調整

 

タイムラインに素材を追加できたら、素材の音量を調整していきましょう。

 

タイムラインに追加したBGM音楽or効果音に再生バーを合わせた状態で、画面上部のオーディオメニューをクリックします。

すると、上画像のようにオーディオクリップミキサーが開きます。

 

ミキサー下部のA1〜A3は各トラックに対応していますので、音量を変更したいトラックのボタンを上下してボリュームを調整します。

 

なお、ミキサー上部のL-Rの数値を変更すると、左右のスピーカーから出る音のバランスを調整できます。

 

 

 

 

 

オーディオゲインで音量を調整

 

オーディオゲインでも、選択した音楽の全体音量を調節できます。

 

音源を選択し、「G」のキーを押すと、上のような画面になるので、ゲインの調整に数値を入れます。

 

「ー」+数字⇨音量小さく、数字のみ⇨音量大きく

 

 

サウンドについての豆知識

 

・音量がバラバラになっている音源(会話など)の、全体を大体同じ音量にしたい時は…

 

エッセンシャルサウンド→会話(会話の場合)→ラウドネス→自動一致→(クリップボリューム→レベルをあげる)

 

・空調音が気になる場合は…

 

エフェクト→クロマノイズ除去→編集→30パーセント(それぞれで変えてみてください)

 

ぜひ、試してみてくださいね!

 

 

Premiere Proで動画を書き出してみよう

 

 

 

 

Premiere Proのメニューにある「ファイル」→「書き出し」→「メディア」を選択すると、上記画像のポップアップが表示されます。

 

画面右側の「書き出し設定」では、形式やプリセット、出力名などの変更が可能です。

 

 

 

「ファイル名」では保存する名前を入力します。

 

「場所」では保存先の場所を指定します。

 

「プリセット」では使用用途に適した書き出し方法が選択できます。

 

YouTube用の動画を書き出したいなら、「YouTube 1080p フルHD」のプリセットを選択します。

 

「形式」では書き出す動画形式を選択できます。

 

YouTubeやSNSなどでよく使われるMP4形式で書き出す場合は「H.264」を選択してください。

 

MOV形式の場合は「QuickTime」を選択します。

 

 

 

Adobe Media Encoderで書き出し

 

動画の書き出し方法は大きく二つあります。

 

Premiere Proで動画を書き出す方法
Adobe Media Encoderと連携して動画を書き出す方法

 

Premiere Proで動画の書き出し作業を行うと、書き出し中に他の作業ができなくなってしまいます。

 

そのため、大きなファイルを書き出す場合はAdobe Media Encoderと連携して書き出す方法をお勧めします

 

Adobe Media Encoderのキューを使用すれば、バックグラウンドでビデオをエンコードしている間もPremiere Proで作業が続けられます。

 

 

Premiere Proを学ぶなら就労移行ITスクール川崎

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

就労移行ITスクール川崎ではAdobe Premiere Proを使った動画編集を行なっています!

 

Premiere Proをお持ちでない方でも大丈夫!

 

就労移行ITスクール川崎ではAdobeアカウントの貸し出しを行なっており、iMacで動画編集や画像編集を行なっていただけます!

 

IT特化の就労移行支援だからできる、就労移行ITスクール川崎ならではの取り組みとなっております!

 

Premiere Proを使ったことのない方から、使ったことのある方でも楽しめるような動画編集講座になっておりますので、ぜひご参加ください!

 

*右下のチャットから質問することもできます。