負け癖がついてる自分とお別れしよう!勝ち癖をつける為の6つの方法 | 就労移行支援事業所ルーツ 負け癖がついてる自分とお別れしよう!勝ち癖をつける為の6つの方法 – 就労移行支援事業所ルーツ

×閉じる

負け癖がついてる自分とお別れしよう!勝ち癖をつける為の6つの方法

Pocket

indulge

 
 

仕事をしていると、いつも結果を残す人と全く残せない人の2つのパターンに分かれると思います。

 
 

前者は勝ちグセがついている人、

後者は負けグセがついている人

 
 

といっても良いかもしれません。

 

常に結果を出すためには、なによりも勝ち癖をつけることが大切です。勝つことが当たり前という状況になれば、自分に自信を持つことが出来ますし、何でも上手くいくようになります。一方、負け癖が付いている人は、負けることが日常なのでいつも失敗を繰り返すことになってしまいます。

 

成長するスピードも大きく変わってくるので、勝ち癖がついた人間になりましょう。仕事やプライベートを充実させるために必須だと思いますから、これは覚えておくようにしてください。

 

ここでは、勝ち癖をつけるための方法を紹介します。

 

 

勝ちグセをつけるための6つの方法

 

 

1.小さな成功体験を重ねる

 
 
success

 

 

まずは、最終的なゴールを決めて、そこに至るまでのプロセスを細分化していきます。
 
小さなゴールをいくつも作って、それを達成していくわけです。成功体験を何度も積み重ねることで、自分に自信を付けることが出来ますし、勝ち癖をつけることにも繋がります。
 
例えば、「1カ月で5キロ痩せる」という目標があったら、それに向けての小さなゴールをいくつも設定します。「毎日、腹筋を50回する」とか「週末は、3キロのジョギングをする」といった感じです。これを確実に達成していくことで、出来ることが当たり前となっていくので勝ち癖をつけることが可能です。

 
 


 
 

2.達成しても止まらない

 
 
behaiver

 
 

目標を達成すると、そこで満足して止まってしまう人が多いです。ですが、それだと自分自身が成長することはありません。達成したからといって、そこで終わりというわけではないんですね。
 
目標を達成するということは、より大きな目標へのスタートラインに立つということです。だから、立ち止まるのではなくて、前に進み続けないといけません。そのために、次の大きな目標を立てておくということをしてください。ずっと進み続ける覚悟で取り組むことで、勝ち癖がついていくようになります。

 

 


 
 

3.失敗を考えない

 
 
not-think

 
 

失敗した時の保険があれば、安心して物事を進めることができます。でも、それだと自分の全力を出すことが出来ません。「失敗しても大丈夫」と思ってしまったら、どこかで油断をしてしまうわけです。全力を出していない人が、勝ち癖をつけるのは難しいですよね。
 
後が無いという背水の陣の状態で臨むことによって、人は予想以上の力を出すことができます。いわゆる、火事場の馬鹿力的なやつです。そうすることで、人は成長していくことが出来るわけです。常に勝ち続けるためには、こういった気持ちで頑張る必要があります。

 
 


 
 

4.自分で責任を取る

 
 
responsibility

 
 
たとえ失敗したとしても、それを他人のせいにしてはいけません。どんなことがあっても、自己責任で対処しましょう。失敗に対して自分の力で対処することによって、色々な学びを得ることが出来ます。

 

成功したことから学ぶことより、失敗したことから学ぶことの方が圧倒的に多いです。

 

そういった学びを次に活かすことが出来れば、勝つことが出来ます。勝ち癖がついている人は、常に学びを得てそれを活かし続けている人です。なので、どんな状況下になっても自分で責任を取るという意識で、毎日を過ごすようにしてください。それだけで、かなり成長できると思います。

 
 


 
 

5.努力をし続ける

 
 
effort

 
 

少しくらいの努力であれば、誰だってやっています。でも、「努力をし続ける」というのは、多くの人が出来ません。ほとんどの人は、中途半端な努力だけで終わってしまっているんですね。だから、大きな結果を残すことが出来ない。
 
圧倒的な結果を出している人は、何千時間、何万時間と努力を続けている人たちです。継続して努力を続けているからこそ、スキルを身に付けることができ、結果を出すことができているということです。人よりも長い時間努力を続ければ、当然、勝ち癖はついていきます。
 
継続し続けるということが一番難しいのです。
 
逆に言えばこれができる人が成功している人間です。

 
 
 

やめないことが成功への道です。

 

 


 
 

6.人と違うことをする

 
 
road

 
 

周りの人と同じことをしていては、同じような結果しか出すことが出来ません。また、少しの失敗だけで自分に劣等感を持ってしまうことにもなりかねません。他人と差をつけるためには、人と違うことをやり続けることが大切なわけです。成功している人は、人がやらないことをやっています。そうすれば、競合が少ないわけですから、勝てる可能性も飛躍的に高くなりますよね。
 
勝ち癖をつけるためには、勝てる場所で努力を続けることが重要なわけです。なので、人がやらないことを率先してやってみてください。そうすれば、大きな結果を出すことが出来るはずです。

 

 

まとめ

 

 

とにかく大切なのが、努力を重ね続けるということです。
 
勝ち癖とは習慣ですから、常に勝てるように努力を続ける必要があります。努力を惜しんでいては、いつも勝つことは出来ないということです。なので、努力を欠かさないようにしてください。

 

結果が付いてくれば、それが楽しくなるでしょうし、どんどん結果が付いてくるようになります。なので、しっかりと習慣化できるように、頑張っていきましょう。

 

 

Facebookいいねしてね!

 
 

piece

 

 

就労移行支援事業所ルーツにはFacebookページがあります。
イベントや情報、普段の様子などを公開していますので、
もしあなたがオフィスに来ようと思ってくださったのなら、
まずご覧になって雰囲気、詳細を知ってみてくださいね。
 
ぜひ、いいね!も宜しくお願いします。
 
 
>>>Facebookページはこちら<<<

 

 

講座・イベント情報

 
 

第2回 映画鑑賞会

第3回 映画鑑賞会

 

 

・10月20日に
愛される人になるための交渉術@四谷

を開催します!
 
心理カウンセラーの椎名雄一さんによる講座です。
 
人に悩みがあるけれどなかなか打ち明けられない、
ぜひこの機会を機にお気軽にオフィスにお越しください!!
 
連絡先、場所などはこちらまで!!
↓↓↓

 
 
 

お問い合わせroots-06

新宿・四ツ谷の障がい者の就職・社会復帰支援の場所
就労移行支援事業所ルーツ
東京都新宿区三栄町29-6 Fビル 5階
最寄り駅︰東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷三丁目駅/都営新宿線 曙橋駅