就職活動って何をしたら良いの?【面接編】 | 就労移行支援事業所ルーツ 就職活動って何をしたら良いの?【面接編】 – 就労移行支援事業所ルーツ

×閉じる

就職活動って何をしたら良いの?【面接編】

Pocket

 

 

こんにちは。

ルーツのデザイン先生です。

 

 

 

 

 

本日のテーマはズバリ、「就職活動」です。

就労移行支援事業所の利用者さんにとっては、就職するために必ず通る道。

 

 

 

企業を調べ、応募、面接。

志望動機を書いたり、自己PRを考えたり…

非常に大変な作業です。

 

 

 

会社によって「採用したい人物像」は異なりますので、まさにご縁。

選考の結果、落選してしまうことももちろんあります。

あなたに合った一社を見つけるために、みなさん頑張るわけです。

 

 

 

 

私の木曜日の講座では、就職活動における様々なフェーズでの、意識したほうが良いことやアドバイスを、

いやもう、本当に諸先輩方の手前、甚だ僭越ながら、やんややんやと行わせていただいているわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、本日は「面接」についてのお話ができればと思います。

みなさんと日々お話していて、やはり最も困っているのが「面接」での受け答え。

せっかくスキルがあって、就職できるくらいに調子も回復されているのに、自分の良さがしっかり伝えられなければ勿体無いです。

 

 

 

面接以前の準備については

こちらから

 

 

 

 

 

 

 

まずは身だしなみ、そして受け答え

 

 

これは大前提ですね。

昨今は格好に対する考えが柔らかくなってきていますが、それでも最低限の礼儀は守るべきだと思います。不必要なところで減点されてはもったいないですので、きちんとした格好、所作を事前に調べて面接に臨みましょう。

 

 

 

 

 

 

 

面接は対話です

 

 

 

 

面接で、何をゴールとしてお話されていますか。

受かること。そうですね。それが最終目標です。

では、どうすればそこへ近づけるんでしょうか。

「この人、うちに欲しい」と思って頂けること。

「この人なら、うちで働けそう、うちにいそうだ」と思って頂けること。

 

 

 

では、どうしたらそう思って頂けるんでしょうか。

 

 

 

みなさんと面接練習をしていて思うのは、一方的なコミュニケーションになってしまっていることが多いということです。

 

 

面接官が聞きたいことに対して、しっかり答えられていますか。

気づけばずっと、自分だけが話してしまっていませんか。

 

 

ぜひ、日常会話から意識してみてください。

事業所での会話、朝礼でのコミュニケーション。

面接は、対話です。

 

 

 

 

 

 

 

面接はご縁。優秀だから受かるわけじゃない

 

 

 

みなさん少し勘違いをしているかもしれませんが、優秀だから採用されるわけではありません。少し語弊があるかもしれません。正しくは「企業によって採用したい人材は違う」ということです。

 

どれだけ一般的に優秀といわれる大学の法学部を卒業していても、デザイン事務所にとってはデザイン系の短大を卒業した人のほうが採用したいと思いますよね。

 

これは極端な例ですが、企業にとって採用したい人材が異なるので、あなたがどれだけスキルを身に着けても、受けた企業全てに受かることは難しいと思われます。

 

ですので、面接結果に一喜一憂せずに、根気強く就職活動を継続していくことがとても大切です。地道な努力を続ければ、きっと良いご縁が見つかるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自身の健康状態をしっかり伝える

 

 

 

 

 

障がい枠での採用において、採用側は、あなたの健康状態をとても気にしています。

本当に長く働くことができるのか。どんな環境を用意すればよいのか。

また、精神的な障がいがどのようなものなのか、きちんとした知識がない方もまだまだ多くいらっしゃいます。

自身から、現在体調や精神面がどういった状態なのか、事業所にはどのくらいのペースで通えているのかなどしっかり説明し、必要であれば通所履歴を提出するなどを行い、面接官を安心させてあげることが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか。

就職活動は「1社との一生モノの良い出会い」をするために、地道な努力が必要です。

自分で就職をしようと思う際には、それなりに苦労もあると思います。

ひとりで就職活動をすることは、障がいを抱えている方にとってはなかなかに酷だと思います。

ルーツでは、障がいをお持ちの方のための就職支援サービス「COMPASS」というサービスを展開しており、独自の求人を紹介、就職までマンツーマンでサポートしています。

 

 

 

 

ひとりで抱え込まず、丁寧に「良い出会い」を探していければ。そう思います。

ぜひぜひ、お問合せくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

求職者(当事者)の方のお問合わせはこちら

就職・就労にお困りの方は下記よりお問い合わせください。

 

 就労移行支援事業所ルーツ

営業日︰月〜土

営業時間︰9:30〜17:30

電話︰03-5315-4539

 Webでのお問合わせはこちらから
 

 

 

支援機関・企業の方のお問合わせはこちら

就職先をお探しの支援機関の皆様や、障がい者雇用にお困りの企業の皆様は、こちらからお問い合わせ下さい。

 

株式会社LOGZ 

障がい者雇用支援サービスCOMPASS

営業日︰月〜土

営業時間︰9:30〜18:30

電話︰03-6709-8233

Webでのお問合わせはこちらから 

 

 

◉会社紹介

運営会社 ︰ 株式会社LOGZ
事業所名 : 就労移行支援事業所ルーツ
所在地    : 〒160-0008 東京都新宿区三栄町29-6 Fビル5階
最寄り駅 ︰ 東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」4番出口 徒歩7分
都営新宿線「曙橋駅」A4出口 徒歩5分
URL       : http://logz.co.jp/

 

 

 

 

就労移行支援事業所ルーツ

 

就労移行支援事業所ルーツにはFacebookページがあります。
イベントや情報、普段の様子などを公開していますので、
もしあなたがオフィスに来ようと思ってくださったのなら、
まずご覧になって雰囲気、詳細を知ってみてくださいね。

ぜひ、いいね!も宜しくお願いします。

>>>Facebookページはこちら<<<

 

お問い合わせはこちらから!

 

新宿・四ツ谷の就労移行支援事業所ルーツ

東京都新宿区三栄町29-6 Fビル 5階

最寄り駅︰東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷三丁目駅/都営新宿線 曙橋駅

ルーツの公式LINEからもお問い合わせできます!

友だち追加

 

横浜・関内の就労移行支援事業所ルーツ

神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-3 CIMA関内ビル8階

最寄り駅:JR・横浜市営地下鉄 「関内駅」南口から  徒歩3分/横浜市営地下鉄ブルーライン 「伊勢佐木長者町駅」 A3出口から 徒歩4分

友だち追加