【ルーツ川崎OPEN!!】難病支援員の新たな夢とは!? | 就労移行支援事業所ルーツ 【ルーツ川崎OPEN!!】難病支援員の新たな夢とは!? – 就労移行支援事業所ルーツ

×閉じる

【ルーツ川崎OPEN!!】難病支援員の新たな夢とは!?

Pocket

 

みなさん!こんにちは!はじめまして!

 

ルーツ川崎の星野一徳です!

 

 

今回から、1月に新しくオープンしたルーツ川崎のスタッフや魅力を紹介していきたいと思います!!

 

第一回は、私、星野についてご紹介します!

 

中学時代

 

 

中学時代は、部活で小学生から遊び程度でやっていた卓球をずっとやっていました。でも、一生懸命やっていたわけではなく、部員のみ

んなと鬼ごっことかして遊んでいたので、それほど上手くはなかったです笑

 

 

勉強に関しては、2年生から塾に通い始めたことで、成績がイッキに上がりました。

 

そもそも、勉強も嫌いに加え、コミュ障で人が沢山いる場所にいたくなかった自分でしたが、そんな自分でも、塾の先生が居場所を作ってくれたことで、楽しく塾に通うことができ、勉強も継続して行うことができました。

 

結果、テスト30点くらいから80点、90点に上げることができ、1つ成功体験を積ませてもらえました。

 

 

 

そこから、「どんな人でも暖かく受け入れてくれる環境っていいな。」と思うようになりました。

 

【高校時代】

 

 

高校には、地元で自称進学校と呼ばれる高校に入りましたが、全く勉強はせず、中学時代やっていた卓球を続けてやりました。

高校では、本当に仲間に恵まれ、好きな仲間と一緒に切磋し部活をすることができ、市内の大会でダブルスベスト4の成績を残しました。

 

 

高校時代の一番の居場所は?と聞かれたら間違いなく「部活!!」と答えるくらい部活が好きでした。

 

 

そんな私でしたが、高校3年になり、部活を引退してからは、楽しかった日々が一変します。

 

部活の引退して好きだった居場所から離れなくてはいけなくなったのと、将来の漠然とした不安から、お腹の調子を崩してしまいます。

 

 

腹痛から1日トイレに10回以上通うようになり、ある時トイレを見てみると血がついていることに気づきました。

 

 

何度か病院に行きましたが、痔だろうと言われ、そんなはずはないと、地元から離れた大きな病院で検査してもらうと

「潰瘍性大腸炎ですね」と聞いたこともない病名を医師から宣告されました。

 

 

【高校3年時に難病と診断され絶望する】

 

 

「潰瘍性大腸炎」という病気は、大腸の粘膜の内側の層に、びらんや潰瘍ができる病気で、国からは難病指定されている病気です。

 

医師から「難病で現代の医療では治らない」と言われ、絶望したのを今でも覚えています。

 

難病になったことで、「どうせ何をやっても無駄だ、苦しむだけだ、、、」と思うようになり、テレビの専門学校に進学し、テレビのカ

メラマンになるという夢を諦めました。

 

当時は何に対してもマイナスな方向に考えていたと思います。

 

 

テレビのカメラマンになる夢を諦め、取り敢えず大学進学をすることにしましたが、体調も悪く勉強ができなかったため、浪人すること

になりました。

 

 

浪人生になってからは、ストレスで更に体調が悪くなり、一日トイレ20回以上行き、下血し、ご飯を食べてもすぐに吐くようになって

しまいました。

 

 

そんな状態になってから、わずか2週間で7キロ体重が落ちました。病院に行きたくても、貧血と栄養失調で動けなかった自分を母がお

んぶして病院に連れて行ってくれました。

 

 

さすがにこの歳になって親におんぶしてもらうなんて思ってもみなかったです笑

 

 

病院に行き入院したことで症状が回復し、今までは何となく大学進学をしようと思っていましたが、支えてくれた家族のためにも「必ず大学に行く」という強い目標に変わりました。

 

 

そこから狂ったように勉強し大学進学することができました。(そこまでにも病院に運ばれたり、入院宣告されたりしましたが本当に家

族、医師、友達に助けられました(笑)

 

【大学に入り新しい夢ができた】

 

 

大学に進学し、大学2年生になった頃、「自分は社会に出て何がしたいのか?」「社会に対してどんな貢献をしたいのか?」真剣に考えるようになりました。

そこで自分が思ったのが、自分が難病を発症した時に、もしも中学時代の塾のような「誰もが安心できる環境」があれば、、、「難病や障害を持っていても夢や目標を叶えるサポートしてくれる環境」があれば、、、そんな環境を創りたいと考え、難病や障害の方の支援をしたいと思うようになりました。

 

 

その後、発達障害、学習障害を持つお子さんの学習支援を経験した後、就労移行支援事業をしている株式会社LOGZと出会いました。

 

 

ルーツ川崎では、「誰もが安心できる環境」「障害を持っていても夢や目標を叶えるサポートをする環境」があります。この言葉にビビッときたら是非ルーツ川崎に来てみてください。

 

特にこんな人にルーツ川崎に来て欲しい!

 

・初心者からプログラミングを始めたいと思っている人

 

・初心者からデザインを始めたいと思っている人

 

・エンジニアの障がい者枠で就職したい人

 

・夢や目標、就職したいという気持ちがあるけど障害を持っていて自信がない人

 

・自分のペースで学習、体調を整えたい人

 

ルーツでは、ビジネスマナー、Word、Excel、PowerPointだけでなく、プログラミング、デザインの学習に特化しているので、初心者

からでもエンジニアとして就職される方も出ています。

ルーツ川崎に興味のある方は見学・体験を行っています。是非以下のボタンからお申込みしてみてください!

 

ぜひ、いいね!も宜しくお願いします。

>>>Facebookページはこちら<<<

 

お問い合わせはこちらから!

 

新宿・四ツ谷の就労移行支援事業所ルーツ

東京都新宿区三栄町29-6 Fビル 5階

最寄り駅︰東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷三丁目駅/都営新宿線 曙橋駅

ルーツの公式LINEからもお問い合わせできます!

友だち追加

 

横浜・関内の就労移行支援事業所ルーツ

神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-3 CIMA関内ビル8階

最寄り駅:JR・横浜市営地下鉄 「関内駅」南口から 徒歩3分/横浜市営地下鉄ブルーライン 「伊勢佐木長者町駅」 A3出口から 徒歩4分

友だち追加

 

川崎の就労移行支援事業所ルーツ

神奈川県川崎市川崎区東田町11ー26三起ビル東田6F

最寄り駅:JR「川崎駅」中央東口から徒歩9分/京急本線・京急大師線「京急川崎駅」中央口から徒歩10分
友だち追加