【ツイッター・インスタ好き必見!】SNSマーケティングを学んでSNS運用担当者に! | 就労移行支援事業所ルーツ 【ツイッター・インスタ好き必見!】SNSマーケティングを学んでSNS運用担当者に! – 就労移行支援事業所ルーツ

×閉じる

【ツイッター・インスタ好き必見!】SNSマーケティングを学んでSNS運用担当者に!

Pocket

こんにちは!ルーツ川崎です!

 

みなさんの中に、「ツイッター・インスタなどのSNSが好き!」「SNSに関わるが仕事にしたい」「マーケティングに興味がある」「広報・PRの職に就きたい」と思っている方いませんか?

 

 

今回は8月から新しく川崎で始まった、SNSマーケティング講座を紹介していきます!

 

 

SNSマーケティングとは?

Twitterやfacebook、InstagramなどSNS(Social Networking Service)を用いたマーケティングの手法のことで、企業のSNSを活用し、顧客とのコミュニケーションを取ることで、企業や商品・サービスのブランド価値を高め、最終的に商品の購買につなげようとする取り組みです。
 

SNSの利用者約5年で20%増!

株式会社ICT総研が実施した「2016年度 SNS利用動向に関する調査」によると、SNSの利用者と利用率は共に増えており、2012年度の利用者数は4,965万人で利用率は52%でしたが、2018年度の利用者と利用率は7,416万人、利用率は74.7%で約20%増加する見込みであることが調査結果から分かりました。

このことから、今後もSNSの利用者は増加していくことが予想されます。
そして、このSNSの利用者増加に伴い、企業もSNSのアカウントを開設し、SNS運用担当者も増えていくと考えられます!

 

SNS運用担当者ってどんな仕事をするの?

 

では、SNS運用担当者がどんな仕事をするのか見てみましょう!

①自社内各部署との打ち合わせ(細部調整)・コミュニケーション
②他社(取引先)SNS運用のコンサルティング・改善提案
③SNSの設定および投稿する内容の検討
④SNSに投稿するコンテンツの作成または制作
⑤SNSを通じた消費者や利用者とのコミュニケーション
⑥アナリティクスデータの統計分析及びそれを踏まえた運用改善

SNSの運用担当はSNS運用のコンサルティングをするだけでなく、SNSに投稿するコンテンツの作成、投稿した結果を分析して改善を行なったりします!

 

COMPASSでSNS運用担当の求人も

そんなSNS運用担当のお仕事ですが、ルーツの運営会社LOGZが行なっている障がい者の就職・転職サービス「COMPASS」でSNSの運用担当の求人を紹介できるようになりました!

「SNS運用担当の仕事をやってみたい!」と言う方はぜひCOMPASSにお問い合わせしてみてください!

COMPASSについて詳しく知りたい方はこちらから↓
就労移行から企業実習体験記【ルーツ×COMPASS】

ルーツ川崎でSNSマーケティングの講座スタート!


 
SNS運用担当の仕事は、SNSの基礎的な知識だけではなく、投稿を見てくれる人に刺さる文章を作ったり、コミュニケーション能力、マーケティングの知識などが必要になってきます。
 
そこでルーツ川崎で、SNSマーケティング講座を開始しました!SNSマーケティングの講座を受けてSNSの使い方からマーケティングの知識、見る人に刺さる文章の作り方などを学ぶことができます!
 
ルーツ川崎でSNSマーケティングを学んであなたもSNS運用担当者になりませんか?^^

 

 

興味があるんですが、どうしたら良いの?

まずは、ご連絡ください!ルーツをご案内いたします♪

四ツ谷:03-5315-4539

横浜関内:045-341-0641

川崎:044-201-1265

 

こちらのお問い合わせページからもお問い合わせが可能です♪