Premiere ProとFinal Cut Proどっちがいいの?【動画編集が学べる就労移行】 | 就労移行支援事業所ルーツ Premiere ProとFinal Cut Proどっちがいいの?【動画編集が学べる就労移行】 – 就労移行支援事業所ルーツ

×閉じる

Premiere ProとFinal Cut Proどっちがいいの?【動画編集が学べる就労移行】

Pocket

 

 

小学生のなりたい職業ランキングでも上位にくるYoutuber

 

音楽業界でも魅力的なミュージックビデオが作られていたり、SNSをしていても動画広告が流れてくるなど・・・

 

私たちの生活に今まで以上に動画が普及してきています。

 

 

 

「結婚式で感動的な映像を流したい。」

 

「野球でかっこいい動画を撮って残したい。」など・・・

 

 

 

今までのホームビデオとは、レベルアップしたものを作れる環境になってきました。

 

どの動画編集ソフトを使おうか悩んだ時に候補に上がるのは、

 

 

 

Appleの『Final Cut Pro(ファイナルカットプロ

Adobe(アドビ)の『Premiere Pro(プレミアプロ

 

 

 

この2つになるでしょう。

 

ファイナルカットプロとプレミアプロ、その違いを比較してみていきましょう。

 

 

 

 

価格と対応OSの違い

 

まずは、金額と支払い方法、対応OSの違いを比べてみましょう。

 

Final cut pro

34,800(買い切り)

対応OSMAC

 

Premiere pro CC

¥26,160(年額一括)or¥2,180(月額)

対応OSWindows/MAC

 

Appleのファイナルカットプロは一度購入すれば、使い続けることができますが、一度に支払う負担が大きいです。

 

Adobeのプレミアプロは月額制か、年額一括で支払うか選択して使えます。

 

月額制なら支払う負担も毎月分散されて少ないですが、使用し続けたいなら月額制、年額一括問わず支払い続けなけらばなりません。

 

長い年月、使い続けるとファイナルカットプロの方がお得です。

 

プレミアプロはクラウドストレージの利用、アドビが提供するIllustrator(イラストレーター)Photoshop(フォトショップ)等、アプリ間でデータ共有などができます。

 

ファイナルカットプロはAppleが提供するソフトなので、Macのみの対応になります。

 

プレミアプロはMacWindowsの両方対応です。

 

 

 

それぞれの特徴

 

 

FINAL CUT PROは、Macだと無料で使える動画編集ソフト『iMovie(アイムービー)』の有料版で、比較すると自由度が高くなります。

 

提供元が同じなので、操作性もだいたい同じで、iMovieに比べてテキストの細かい修正ができたり、エフェクトも豊富です。

 

アイムービーを使っていたなら、ファイナルカットプロの操作に抵抗も少なく、初心者でも使いやすいと思います。

 

ファイナルカットプロに慣れてきたら、Appleが提供するMotion(モーション)というソフトを別で購入すれば、アニメーションなどを作ることができます。

 

 

 

プレミアプロは細かいところまでいじることができて、操作画面も複雑になっています。

 

基本的な操作に慣れるまで苦戦するかもしれませんが、使いこなせれば、プロの職人のような動画編集ができるようになります。

 

アドビは公式でチュートリアルがあるので、初めての方でも安心して使うことができます。

 

プレミアプロに慣れてきたら、After Effectsというアドビが提供するソフトを別途購入すれば、アニメーションなどを作ることができます。

 

アドビは、クリエイティブ業界で活躍する多くの人に愛用されていて、専門的なソフトを数多く提供しているので、多くのクリエイターが活用しています。

 

 

 

他のソフトとの連携

 

動画制作では編集以外にも、2D3Dのグラフィックやエフェクトを追加したり、アフレコした音声を調整したり、画像を取り込んだりなど、必要な素材を作って取り込みます。

 

動画編集ソフトにはできないことは、他のソフトで制作し、連携させることが必要です。

 

Appleのファイナルカットは、MotionCGやエフェクト作成)、Compressor(エンコーディング)、MainStageLogic Pro(音楽作成)などと連携。

 

Adobeのプレミアプロは、Photoshop(画像編集)、Illustrator(画像編集)、After EffectsCGやエフェクト制作)などと連携。

 

 

 

 

結局、どっちを使えばいいの?

 

 

 

MACを使っている方であれば、まずはiMovieを使ってみて感触を確かめてみてください。

 

使っていくと細かい修正がしたくなるはずです。

 

操作性に慣れたり、気に入ったらファイナルカットプロを購入してみましょう。

 

MACを使っている人の特権は、ファイナルカットプロもプレミアプロのどちらでも選択できることです。

 

 

 

WindowsのPCを使っている人はプレミアプロしか選択できません。

 

本格的な映像作品を作りたい、IllustratorやPhotoshopなどのAdobeソフトを使っている、興味がある方であればプレミアプロをお勧めします。

 

動画編集は、映像で色々なメッセージを伝えることができます、色々なことを表現することができます。

 

文字だけでは伝わりにくいことも、多くの情報量をわかりやすく伝えることができるでしょう。

 

好きなことを、好きなように、周りは気にせずに発信していきましょう。

 

 

 

就労移行支援事業所ルーツ

 

就労移行支援事業所ルーツにはFacebookページがあります。
イベントや情報、普段の様子などを公開していますので、
もしあなたがオフィスに来ようと思ってくださったのなら、
まずご覧になって雰囲気、詳細を知ってみてくださいね。

ぜひ、いいね!も宜しくお願いします。

>>>Facebookページはこちら<<<

 

お問い合わせはこちらから!

 

新宿・四ツ谷の就労移行支援事業所ルーツ

東京都新宿区三栄町29-6 Fビル 5階

最寄り駅︰東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷三丁目駅/都営新宿線 曙橋駅

ルーツの公式LINEからもお問い合わせできます!

友だち追加

 

横浜・関内の就労移行支援事業所ルーツ

神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-3 CIMA関内ビル8階

最寄り駅:JR・横浜市営地下鉄 「関内駅」南口から  徒歩3分/横浜市営地下鉄ブルーライン 「伊勢佐木長者町駅」 A3出口から 徒歩4分

友だち追加

 

川崎の就労移行支援事業所ルーツ

神奈川県川崎市川崎区東田町11−26 三起ビル東田 6F

最寄り駅:JR「川崎駅」中央東口から徒歩9分/京急本線・京急川崎駅中央口徒歩10分

友だち追加