【デザイン】IllustratorとPhotoshopの違いとは?|就労移行支援事業所ルーツ川崎 | 就労移行支援事業所ルーツ 【デザイン】IllustratorとPhotoshopの違いとは?|就労移行支援事業所ルーツ川崎 – 就労移行支援事業所ルーツ

×閉じる

【デザイン】IllustratorとPhotoshopの違いとは?|就労移行支援事業所ルーツ川崎

Pocket

 

こんにちは!ルーツ川崎です!

デザインの学習を始めるようになって使うのがIllustratorとPhotoshopというツール。ルーツの利用者さんも使用しているツールですが、今回はこのIllustratorとPhotoshopの違いについて紹介していきます!

 

目次

 

 

Illustratorとは?

 

まずはIllustratorとはどんなものか紹介していきます!

Illustratorは、アドビシステムズからリリースされ、Webデザインやグラフィックデザインを作成するためのツールです。略して「イラレ」と呼ばれることが多く、イラストを描くのに適したツールです。

 

広告やポスター、チラシなどのグラフィックデザイン、ロゴデザイン、アイコン、キャラクターデザインなど様々なデザインを描くのに使われます。

 

また、バナーなどのWeb制作においてもIllustratorは必須のツールとなっています。

 

 

 

Photoshopとは?

 

Photoshopは、Illustratorと同じくアドビシステムズからリリースされたWebデザインやグラフィックデザインの作成に使用するツールです。略して「フォトショ 」と呼ばれています。

 

フォトショ は画像を美しく整えたり、幻想的な場面を加工したり、Webデザインやバナーを作ったり、デジタルイラストを描いたりできるツールです。

 

 

 

IllustratorとPhotoshopの違いとは?

 

Illustratorの得意分野

Illustratorの得意分野はロゴやレイアウトです。Illustratorは、線を描いたり、組み合わせて図形を描くことも可能です。線の色や図形の色は自由に変更でき、また自分オリジナルのカラーを調整してつくることもできます。自在に線や図形を組み合わせ、色調を調整することにより、様々なグラフィックを作っているのです。

 

 

Photoshopの得意分野

Photoshopの得意分野は写真加工、合成、本格的なグラフィック制作です。Photoshopは、写真に雰囲気を加えたり、写り込んでしまったものを消す、シミやシワを消すような写真補正をすることが可能です。

 

 

IllustratorとPhotoshop連携させることが多い

IllustratorとPhotoshopを使えるようになると2つを連携させ、Illustratorで作ったロゴをPhotoshopで編集したり、配置する写真はPhotoshopで加工したりできるようになります。

 

バナーなどのデザインもIllustratorとPhotoshopを使用して作られることがほとんです。

 

このようにIllustratorとPhotoshopはセットで必ずと言っていいほどWeb業界、デザイン業界においては必要とされています。

 

 

 

ルーツのデザインを学んだ方の就職実績

 

ルーツでは、デザインカリキュラムでIllustratorとPhotoshopについて学ぶことができます。

 

ルーツでデザインカリキュラムを学習し、実際にWebデザイナーになった方もいらっしゃいます。

 

ルーツの就職実績はこちらをクリック♪

 

 

 

 

 

さいごに

 

以上のようにIllustratorとPhotoshopは

 

Illustrator=得意分野はロゴやレイアウト

Photoshop=得意分野は写真加工、合成、本格的なグラフィック制作

 

という違いがあります。

 

IllustratorとPhotoshopはセットで必ずと言っていいほどWeb業界、デザイン業界では必要とされています。

 

ルーツではデザインカリキュラムでこの2つのツールを学ぶことができます。

 

ルーツに来て初めて、Webについて学び始めた方もいらっしゃいます。

 

興味のある方は是非ルーツ川崎にお問いわせください!

 

 

 

お申し込み・お問い合わせはこちらから!