就労移行支援事業所ルーツでWeb業界・デザイン業界への就職を目指す!【Adobe Photoshop編】 | 就労移行支援事業所ルーツ 就労移行支援事業所ルーツでWeb業界・デザイン業界への就職を目指す!【Adobe Photoshop編】 – 就労移行支援事業所ルーツ

×閉じる

就労移行支援事業所ルーツでWeb業界・デザイン業界への就職を目指す!【Adobe Photoshop編】

Pocket

 

 

 

こんにちは。

ルーツのデザイン先生です。

 

 

 

 

 

 

今日は、ふだんルーツの利用者さんたちが学習されている

Adobe社の【Photoshop】というツールについて、ご紹介したいと思います。

 

そうです、本日は真面目バージョンです。

おもんな、とか思わずに、中身はいつもの10000000倍充実しているので、ぜひぜひ読んでください。

 

 

 

 

 

Adobe社の【Photoshop(フォトショップ)】というツールをご存知でしょうか。

 

 

 

 

略して”フォトショ”と呼ばれることが多いこのツールは、主には画像加工をするためのプロ用ツールです。

グラフィックデザインを行う【Illustrator(イラストレーター)】

書籍や装丁などの編集デザインを行う【InDesign(インデザイン)】

などと共に、デザイン業界で仕事をするには欠かせないツールの1つです。

 

 

 

Photoshopは、画像を加工することに長けたツールです。

 

 

 

 

 

撮影した写真を加工して思い通りの見栄えに仕上げたい。

画像や文字を使ってWebページやバナーなどをデザインしたい。

水彩画や油絵のような手描きのタッチをデジタルで表現したい。

 

 

 

そういった希望を叶えるのがPhotoshopになります。

 

 

 

 

写真の編集はもちろん、デザインやイラストの作成などさまざまな用途に活用できます。

 

 

 

その他にも、精密な画像解析や画像処理が必要とされる医療や科学などの分野でも広く利用されています。

 

 

 

広告やポスターに使用される画像の加工といった基本的な操作だけでなく、チラシなどのグラフィックデザイン、ロゴデザイン、アイコン、シンボルデザイン、キャラクターデザインなどの様々なデザインを描くのにも使われます。Illustratorよりも写実的なイラストの作成などにも使用でき、使う人のスキル次第でいくらでも可能性が広がるのがPhotoshopの大きな魅力です。

 

 

 

Web制作の現場においても、Photoshopは必須で、画像加工から切り抜き、色調補正、デザイン業務、イラストなどその役割は様々です。

 

 

バナーなどのデザインも、IllustratorとPhotoshopを使用してつくられることがほとんどで、IllustratorとPhotoshopはセットで必ずと行ってよいほどWeb業界、デザイン業界においては必要とされます。

 

 

画像の基本的な知識、色に対する知識など、付随して様々な知識や知見が必要となりますが、

Web業界など様々なデザイン関連の業界における就職・転職先の選択肢が広がります。

 

 

 

 

では、実際にPhotoshop(フォトショップ)が使えるとどんなことができるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photoshopでできること

 

 

 

 

Photoshop(フォトショップ)では、大まかに以下のことが出来ます。

 

 

 

 

 

写真の編集

 

 

 

ぼけた写真をシャープにしたり、歪んだ写真をまっすぐに補正したり、あるいは不要なものを除去したりと、どんな写真も思い通りの見栄えに仕上げることができます。

 

 

 

デザインの作成

 

 

 

Photoshop(フォトショップ)は写真を編集するだけのツールではありません。文字や図形を作成したり、それらを組み合わせてボタンやアイコンなどデザインパーツを作成するのにも役立ちます。

 

 

 

イラストの作成

 

 

 

Photoshop(フォトショップ)は、水彩画や油絵のように、塗り重ねて描くタッチのイラストを得意とします。ペンタブレットの筆圧や傾きにも対応したブラシツールを使って、手描きの風合いを再現できます。

 

 

 

写真の公開

 

 

 

写真を好みのサイズや構図で切り抜いたり、さまざまな形式で書き出したりできるので、たとえばFacebookのプロフィール写真やカバー写真なども簡単に作成できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

これさえ覚えれば意外とできる、基本的なPhotoshopの機能

 

 

 

 

 

 

カラーと色調の調整

 

 

 

Photoshop(フォトショップ)には写真補正のためのさまざまな機能が揃っており、写真の明るさやコントラスト、カラーなどを好みの方法で調整することができます。

カラーの写真を雰囲気のある白黒写真やセピア調の写真に変換することも可能です。

 

 

 

 

 

自然な合成写真を作成

 

 

 

合成写真を作成する時に面倒なのが、被写体の切り抜き作業。Photoshop(フォトショップ)なら、人の髪の毛や動物の毛並みといった複雑な部分も短時間できれいに切り抜けるので、

境界線の違和感を感じせない自然な合成写真に仕上がります。

 

 

 

 

 

写真にさまざまな効果を適用

 

 

 

フィルターは写真の補正に使用する以外にも、写真をぼかしてミニチュア風の写真にしたり、動物の顔などをゆがませて面白写真にしてみたり、特殊効果でスケッチや絵画のような雰囲気に変えたりすることができます。

 

 

 

 

 

多彩な文字表現

 

 

 

画像に文字を追加できるだけでなく、レイアウトソフト並みの詳細な文字設定が行えます。また、文字を自由に変形させたり、

縁取りやドロップシャドウなどの効果を適用したり、画像を文字で型抜くといったさまざまま編集が可能です。

 

 

 

 

 

失敗写真の修正

 

 

 

カメラの振動やシャッタースピードの遅れなどで起こる、写真のぶれやピントずれを自動的に補正することができます。

その他、高感度撮影によるノイズや、カメラレンズの特性によって生じるゆがみなども簡単に補正することができます。

 

 

 

 

 

写真内の不要なもの消去

 

 

 

写真の中の不要なものを選択し、初めから何もなかったかのように消去したり、あるいは別の場所に移動したりすることができます。

写真に入った小さなゴミやキズなども、クリックするだけできれいに消し去ることも可能です。

 

 

 

 

Photoshop(フォトショップ)を使うことができると、広告、ポスター、チラシ、パンフレット、名刺、プレゼン用資料などの印刷物から、Tシャツやマグカップなどにプリントするデータ、Webサイトやホームページに使うバナーなどの素材にアプリのグラフィックまで、様々なデザインを描くことができるようになります。

 

 

 

また、ペンタブと呼ばれるツールやを使用して、より精密な操作をすることも可能です。

ルーツではペンタブもご用意しておりますので、様々な学習を深めることが可能ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

では、Photoshop(フォトショップ)が使えるとどんな仕事ができるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photoshopを使う職種

 

 

様々な仕事で重宝される、Photoshop(フォトショップ)のスキル。

Photoshop(フォトショップ)を使うことができると、様々なお仕事への可能性が広がります。

 

 

 

 

 

 

Webデザイナー

 

 

HP(ホームページ)や、amazon、楽天市場などに代表されるECサイト、オウンドメディアなどのWebページをデザインするお仕事です。

デザインのベースや、デザイン素材の作成において、Photoshopを使用します。

就職・転職先としてはWeb制作会社やECサイト運営会社などが中心です。ただ、最近は自社でWebデザイナーを抱える企業も増えており、業界を問わず様々な企業からの募集があります。

また、在宅など雇用形態の幅も広がっており、オープン枠でも健常の方と同様のパフォーマンスが発揮しやすいお仕事です。

 

 

 

 

 

 

UX/UIデザイナー

 

 

UI : ユーザーインターフェイスの略で、ユーザーが閲覧できるすべてのページが対象となります。

UX : ユーザーエクスペリエンスの略で、ユーザーが製品やサービスを通じて得られる体験のこと。

上記のWebページや、スマートフォンアプリなどのUX/UI設計、グラフィックデザイン、ディレクションなどを手がけるお仕事です。

どちらもWebページやアプリの効果(滞在時間・売上など)を大きく左右するため、UX/UIデザイナーの需要はどんどん高まっています。

就職・転職先としてはWebデザイナーと似ています。

 

 

 

 

 

 

意外や意外、イラストレーター

 

 

水彩画や漫画みたいなのを塗り重ねて重ねて描いたイラストなどは、IllustratorよりもPhotoshopとペンタブを駆使して描きます。

仕事内容としては、写真やイラスト、文字などの素材を活用してクライアントからの要望を満たした紙面をデザインすることがメインです。

就職・転職先としては出版社や印刷所、広告制作会社などがあげられます。フリーランスの方も多いですね。

 

 

 

 

 

 

 

グラフィックデザイナー

 

 

 

写真や色が沢山あるデザイン、それらを基に加工したり、逆に写真のようなデザインをする、ポスター広告などを手がける仕事です。

就職・転職先は広告制作会社などのクリエイティブ企業がメインですが、中にはメーカーの商品企画や、自社製品・店舗などの販促を手がけるデザイナーの求人もあります。この仕事も業務幅が広く、関わる業種も様々です。忙しい仕事ですが、その分やりがいや作る楽しさを感じられるお仕事かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

これらはまだまだ一部で、Photoshop(フォトショップ)を使えることで就職できる職業は多くあります。

写真家、フォトグラファーなどは、最たる例ですね。

いずれにしても、クリエイティブ領域の仕事を目指している方には欠かせないスキルです。

 

ルーツでは、Photoshop(フォトショップ)を0から始めて使えるようになった方も多数いらっしゃいます。

何を隠そう私自身も、仕事を始めてから学んだ身です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーツで、未経験からPhotoshopを学びましょう

 

 

 

 

就労移行支援事業所ルーツでは、障がいをお持ちの方に、0から戦力として就職して頂くことを目標に、Web制作はじめデザイン全般のスキルを学習できる場を提供しております。

もちろん、Phohoshop(フォトショップ)をはじめとしたAdobeのソフト全般についても未経験から、実務に活かせるスキルを身につけることが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

四ツ谷ではデザイン先生をはじめ、業界出身のスタッフがおり、学習においてサポートを受けられます。

 

新規オープンしました横浜関内事業所では、映像制作についても学習が可能です。

こちらも、映像制作を専門とするスタッフが学習をサポートいたします。

 

 

さらに、Web業界やデザイン業界への就職のサポートも行っております。

ルーツにしかない求人が多数ありますので、きっとあなたの求める会社が見つかるはずです。

 

 

 

事実、ルーツからの就職事例のほとんどはエンジニア、Webデザイナーです。

中にはルーツに来て初めて、Webに関する学習をはじめた方もいらっしゃいます。

そういった方でも、しっかり学習でスキルを深め、就職し夢を叶えています。

 

 

“障がいがあるから、Web業界やデザイン業界は無理なんじゃないか…”

そう思って諦めず、ぜひお気軽に一度ルーツにお問合せください。

きっとお力になりますよ!

 

 

 

就労移行支援事業所ルーツ

 

就労移行支援事業所ルーツにはFacebookページがあります。
イベントや情報、普段の様子などを公開していますので、
もしあなたがオフィスに来ようと思ってくださったのなら、
まずご覧になって雰囲気、詳細を知ってみてくださいね。

ぜひ、いいね!も宜しくお願いします。

>>>Facebookページはこちら<<<

 

お問い合わせはこちらから!

 

新宿・四ツ谷の就労移行支援事業所ルーツ

東京都新宿区三栄町29-6 Fビル 5階

最寄り駅︰東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷三丁目駅/都営新宿線 曙橋駅

ルーツの公式LINEからもお問い合わせできます!

友だち追加

 

横浜・関内の就労移行支援事業所ルーツ

神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-3 CIMA関内ビル8階

最寄り駅:JR・横浜市営地下鉄 「関内駅」南口から  徒歩3分/横浜市営地下鉄ブルーライン 「伊勢佐木長者町駅」 A3出口から 徒歩4分

友だち追加