精神障害者の方が就職面接で聞かれやすい5つの質問と解答例 | 就労移行支援事業所ルーツ 精神障害者の方が就職面接で聞かれやすい5つの質問と解答例 – 就労移行支援事業所ルーツ

×閉じる

精神障害者の方が就職面接で聞かれやすい5つの質問と解答例

Pocket

interview

 

 

これから面接を控えている全ての人が一番知りたい情報は、面接官からの質問内容だと思います。

 

これが分かっていれば事前に対策が取れるし、落ち着いて面接に挑むことができると思います。

学校のテストなんかと同じですね。

 

面接で不採用になる人の傾向としては、事前の対策を厳かにしているせいで当日の面接になると、しどろもどろになっているからです。はっきりと自分のことを伝えないと、面接官もあなたのことが理解できないため採用することは難しいです。

 

面接は自身の人柄をわかってもらえる唯一の場所です。

 

傾向と対策をしっかりと行っていれば、当日の面接で緊張することなく自らの想いを最大限出し切ることができます。採用を目指し希望の企業で働くことができるように、これから質問内容の傾向と対策について学んでいきましょう。

 

 

面接の質問内容と回答例について

 

 

面接でよく聞かれる質問は、下記のものがあります。

 

最低限これだけは事前に対策しておいたほうがいいという、5つの質問を厳選し紹介しています。

あくまでも参考程度で、これが絶対に聞かれるかどうかは分かりませんので、ご了承ください。

 

 


 
 

question  質問①:病状についてと配慮すべき点

 

 
病状についていつ発病したか、またその発病した原因について伝える質問です。

 

それと今現在どのような状態で、どのような配慮があったらいいのかについても明確に伝えましょう。

 
 
 
 

【回答例】

 
 
「病状は今から5年前に発病しました。発病した原因は、仕事でミスが多く人とのコミュニケーションもままならない状態の中、誰にも相談することができずに悩みを抱え込んでいたところ、ある日会社の上司から病院を紹介されて、そこでうつ病という診断を受けました。」

 

「その後は会社に行っても、今まで出来ていた仕事も円滑に取り組めなくなり、怒られてばかりで何をやってもダメなんだと自分自身を責めるようになりました。毎日気分が晴れない状態の中、会社に行くのが怖くなり段々会社に行かなくなって辞めてしまいました。」

 

「今現在の様子は、抱えている病状の理解を深め、医師に相談しつつ服薬管理を行っています。そのため気分の浮き沈み等なく過ごせています。悩み事や相談事があったときは医師に伝えるなどして、今では相談することができているため病状と向き合いながら就職活動に取り組んでいます。」

 

「配慮していただきたい点としては3つあります。1つ目は、相談できる人と時間を設けていただきたいです。5分でも10分でも仕事後や1週間後に振り返りをしていただけますと、仕事の整理がきちんと行えて次の仕事に活かせるようになります。2つ目は、診断と薬の補充のため1ヶ月に1回は通院日させていただきたいです。3つ目は、漠然とした仕事の指示を受けると、理解するのに時間がかかって行動に移すまで時間がかかりますので、明確な指示をしていただけると行動に移しやすくなります。」

 

 


 
 

question 質問②:前職の退職理由

 
 
前職の退職理由は、職を転々としていない限り病状の発症理由と重なる部分があるかと思います。

 

会社が一方的に悪かったというような言い方は印象が良くないのでやめましょう。

自分にも非がありましたが、理解が得られなかったというような言い方で伝えましょう。

 

職歴が2つ以上ある方は、それぞれの退職理由が言えるように対策をしておきましょう。

 
 
 
 

【回答例】

 
 
「前職では、病状に気づけず仕事がうまくいかなくなったことを誰にも相談出来なかったことが原因だと思われます。今まで出来ていた仕事さえ円滑に取り組めなくなり、毎日注意されてばかりで嫌になり退職しました。そこで私がきちんと相談できるような環境を作っていれば、退職には至らなかったと思います。同じ過ちを繰り返さないためにも、御社では悩みを抱え込み過ぎないように相談していきたいと思います。」

 
 


 
 

question 質問③:今までの職歴の中で得意だった仕事と苦手だった仕事

 
 
仕事の流れを作るために、企業は得意な作業と苦手な作業を把握したいと思っています。

 

採用されたいが一心で万が一得意でもない仕事を得意と伝えてしまうと、入社したときに苦労するのは自分自身です。

 

これを言ってしまったら不採用になるのでは?と思わずに、正確に自身の得意・不得意な仕事を伝えましょう。

嘘をつく方がよっぽど不採用に近付きます。

 
 
 
 

【回答例】

 
 
「私が得意な仕事は、入力作業です。3年間働いてきましたが、その中で入力の仕事だけは他の誰にも負けたこたがありません。また速さに対して丁寧に行えていたこともあり、上司からは高い評価を得ていました。私自身、自信をもって取り組むことができる仕事になります。」

 

「苦手な仕事は、電話対応です。電話の音が聞こえるだけで、ビクついてしまうことがあります。ですが、少しづつ克服していきたいと思っていますので、電話対応の基本的なところから学ばせて頂ければと思います。」

 

 


 
 

question 質問④:ストレス発散方法

 
 
精神障害者はストレスを溜め込みやすい傾向にあるというのは、知識や経験が少ない企業も理解はしています。

 

企業で働く中で、どのような形でその人がストレスを発散していくのかを把握したいと思っています。
ここで注意していただきたいことは、ストレスの発散方法でアロマを焚くとか、癒しの音楽を聞くとかで終わらないことです。

 

面接官が聞きたいのは、会社の中でのストレス発散方法とプライベートの中でのストレス発散方法の2つのパターンです。

 

ストレス発散方法について質問されたら、どちらとも答えましょう。
 
 
 
 

【回答例】

 
 
「私のストレス発散方法は、困ったときや悩んでいるときに誰かに相談することです。これは今まで相談することができなかったことが原因で、ストレスを多く抱え込み病状を発症したことと関係しています。今は医師に相談する環境が整っており、適度にストレスを発散することができています。働いてからは、社内で相談できる人を今よりも増やしていきたいと考えています。

 

またその他プライベートでは、緊張してて眠れないときに暖かいハーブティーを飲んでいます。暖かいハーブティーを飲むことで、心を落ち着かせることができぐっすり就寝できるようになります。いつも水筒に入れて持ち歩いているため、ちょっとしたときの息抜きに飲むと心が落ち着きます。」

 
 


 
 

question 質問⑤:ミスしたときの対処法

 
 
企業で働くようになれば、ミスは必ずついてきます。

 

ミスをしたからといって悪いというように捉えるのではなく、ミスをしたあとの対処法について企業は知りたいのです。
ミスをしたあとにそのままにしておくや黙っておくの回答は論外なので、ミスをしたあと報告、相談をするというように答えましょう。

 
 
 
 

【回答例】

 
 
「ミスをしたときは、まず上司に報告をします。そこで何が原因でミスに至ってしまったのか、上司と一緒に振り返りながら気持ちを切り替えていきたいと思います。また同じミスを犯さないためにも、メモ帳に整理していきたいと思います。」

 

 

まとめ

 
 
精神障害者の面接では、主に病状の発症原因や配慮点についてよく聞かれることが多いです。

 

過去にどのようなことがあって、どのように病気と向き合ってきたか、企業も雇用するに辺り慎重になっているのは事実です。

 

面接では両者ともに誤解のないように、詳しく伝えることが大切です。

面接で言っていたことが働き出して、つじつまの合わないことにでもなれば企業で働き続けることは困難になります。

働きやすい環境を整えるのは企業だけに限らず、雇用される立場の人間にとっても意志をはっきりと伝えることが肝心です。

 

 

面接は基本的に言葉のやり取りが交わされますが、過去にさかのぼって答えることが苦手な方は、自分のプロフィールシートを作って面接のときに見ていただくこともありだと思います。

 
 

 

 

イベント情報

 

 

第3回 就活講座 〜 志望動機編 〜

第1回 映画鑑賞会

第2回 映画鑑賞会

第3回 映画鑑賞会

 

 

 

お問い合わせroots-06

新宿・四ツ谷の障がい者の就職・社会復帰支援の場所
就労移行支援事業所ルーツ
東京都新宿区三栄町29-6 Fビル 5階
最寄り駅︰東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷三丁目駅/都営新宿線 曙橋駅