Iさんとルーツと就職活動 | 就労移行支援事業所ルーツ Iさんとルーツと就職活動 – 就労移行支援事業所ルーツ

×閉じる

私にとってルーツとは『生活の一部』です!

Iさんさん

(就職先のご都合でお名前を伏せています。)

IT企業/Webデザイナー

ルーツを利用したのは何故?

特殊な仕事をしてきた時に、不意速な生活やスケジュールに追われるストレスで体調を崩しました。保険相談所に行った時、たまたまルーツのパンフレットを目にしてすぐ見学を申し込みました。ちょうどその頃体調が安定し始めて保健師さんから作業所などの見学も勧められていたのですが、「もう少し専門的なことがしたい」「Webやプログラミングについて学び直したい」という気持ちが強く、気が進まなかったというのもあります。とにかくWebの仕事に就きたいという気持ちは強かったのでルーツの利用を決めました。

ルーツでの思い出は?

ルーツに入ってすぐは、Webの「学び直し」をしていました。3ヶ月目からRuby on Railsの講座が始まったので参加するようになりました。
兄がいた影響でPCやプログラミングにふれる機会があったので楽しく受講することができました。プログラミングは自分で組み立て、思い通りの画面が出来上がった時にとても楽しいです。また、ルールの範囲であればアレンジを加えてもきちんとしたものが出来上がるのは、わたしの好きなお菓子作りと共通していると思いました。
最初のうちは、エラーが出てもどこの部分の間違いなのかわからず、大苦戦していました。でも失敗を繰り返す中でどのあたりに問題があるかわかるようになってきました。

入社の経緯

目立った就職活動としては6月の障害者集団面接会に行ったのが最初かと思います。
ルーツでは就職活動に当たり、自己PRの遂行を手伝っていただいたり、面接の練習に付き合っていただきました。私は緊張しやすいので、面接練習は特に力を入れました。
就職先には集団面接会で出会い、企業分析を通じて「ここならスキルアップができ、やりがいのある仕事ができそうだ」と感じ応募しました。
緊張しやすいタイプで自己アピールが得意ではなかったので苦労しました。
ルーツの職員さんから「自己分析をしっかりして、情報を整理する」ことを指導いただき、面接練習も何度も付き合っていただきました。
うまく行かず落ち込むことも有りましたが、前向きにがんばれたのはルーツの皆さんのおかげだと思います。

現在の業務内容

Webデザイナー

今後の目標は?

将来はWebの表面的なデザインだけでなく、Webを使ったサービスそのものを企画したりデザインしていけたらと思います。
あと、夢は猫を飼うことです!

最後に一言

ルーツに通ったのは1年11ヶ月になります。長いようであっという間でした。
すっかり生活の一部になっていたと思います。まだまだ学び足りない気持ちはありますが、これからはWebデザイナーとして他の利用者さんのために道を切り開いていきたいです!


【スタッフより】
ルーツの象徴的存在だったIさん。本当に卒業おめでとうございます。
共に歩んだ1年11ヶ月。サポートできたことも有りましたが、私たちもIさんの優しさにたくさん癒やされサポートされたように思います。
どんなときもご自身のスキルアップのために努力されたり、周りの方を優しく気遣ったり、本当に魅力的なIさんだからこそ、自分らしく働ける場所をご自身の手で掴み取ったと思います!
Webデザイナーとしての夢の一歩を踏み出されたIさんの、今後の活躍もスタッフ一同楽しみにしています!